見出し画像

【9/17発売】宮崎夏次系『と、ある日のすごくふしぎ』刊行決定&ためしよみ!

宮崎夏次系さんのコミック『と、ある日のすごくふしぎ』の刊行が決定しました!! 宮崎さんの著書としては約1年半ぶりの新刊です!(2020年9月17日発売予定)

また、刊行決定を記念して漫画の一部を特別公開!(公開画面は書籍編集前のもの)
宮崎的センス・オブ・ワンダーを感じ取っていただければ幸いです。

と、ある日のすごくふしぎ(初校)_ページ_1

と、ある日のすごくふしぎ(初校)_ページ_2

と、ある日のすごくふしぎ(初校)_ページ_3

と、ある日のすごくふしぎ(初校)_ページ_4

(続きの130万年前は書籍版でお楽しみください)


SF的な世界観のなか、突拍子もない人々が躍動する傑作短篇集!

ささやかな超能力をもつ少女自作の焼き物を割り続ける陶芸家消えた妻の弁当を再現する機械を作る男即身仏になってメルカリで売られたい兄騎馬戦に命を賭けた少女達とロボット星をまたにかける映画監督エコ・メンタリストなど、魅力的なキャラクターたちが続々登場!

世界からはみだしたっていいすべての生き方を肯定する宮崎ワールドが展開していきます。これは、と、ある日の、すごくふしぎな物語。

《SFマガジン》に2013年10月号から7年間にわたって断続的に掲載された作品を中心に、約30篇を収録予定です。宮崎さんの作品の変化もお楽しみいただける構成になっております。書籍版限定の描き下ろしも!

2020年9月17日発売予定!
"すごくふしぎ"な傑作集をお見逃しなく!



宮崎夏次系(みやざき・なつじけい)
1987年生まれ、宮城県在住。多摩美術大学卒。
2009年、第56回ちばてつや賞準入選。短篇集『変身のニュース』が、2013年第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・審査委員会推薦作に選出される。2014年、短篇集『僕は問題ありません』が「第1回あゆみCOMIC大賞」を受賞、《俺マン2013》&《このマンガがすごい!2014」》にランクイン。


書誌情報
■タイトル:と、ある日のすごくふしぎ
■著者:宮崎夏次系(みやざき・なつじけい)
■ISBN:978-4-15-209969-3
■本体予価:900円
■発売予定日:2020年9月17日
■判型:B6判並製
■予定ページ数:256ページ(SFマガジン掲載作を中心に約30篇を収録)


〈あわせて読みたい〉




ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
46
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ国内フィクション
ハヤカワ国内フィクション
  • 267本

ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。