大切な人への贈り物や自分へのご褒美に。『クリスマスの殺人 クリスティー傑作選』は豪華な函入り本!
見出し画像

大切な人への贈り物や自分へのご褒美に。『クリスマスの殺人 クリスティー傑作選』は豪華な函入り本!

Hayakawa Books & Magazines(β)

 メリー・クリスマス! クリスティー・ファンの皆さまに、少し早めのクリスマスのお知らせです。ミステリの女王アガサ・クリスティーの短篇の中から冬を舞台にしたものをセレクトした短篇集を、豪華な函入り本で皆さまにお届けします。クリスマスにはクリスティーを! 今年の冬は、クリスティーのミステリとともに過ごしてみませんか?

 早川書房でも珍しい函入りの豪華特装本である本書の紹介とともに、記事の後半ではアガサ・クリスティー・マグカップとのお得なクリスマス特別セットのご紹介もあります! お見逃しなく!

クリスマスの殺人

豪華な装幀のギフトブック。クリスマス・プレゼントにぴったり!

 『クリスマスの殺人 クリスティー傑作選』はクリスマス・プレゼントとして送ることができるくらい豪華なものを、というコンセプトで早川書房としてはとても珍しい箱本(しかも箔押し!)として刊行いたします。豪華な装幀となった本書を、この記事をお読みの皆様に少しだけご紹介いたします。

iOS の画像 (9)

(作者のアガサ・クリスティーの写真とともに)

 箱には金の箔がふんだんに使われており、タイトルはもちろん、両側の木や雪の結晶もキラキラと輝いていてとてもきれいです! 箱からちらりと覗く背表紙もとてもかわいらしいですね。

iOS の画像 (8)

 箱の中の本体の表紙はこんな感じです。落ち着いた青と銀色が使われており、冬の静けさを表すかのよう。表紙に使われているパターンは、エルキュール・ポアロとミス・マープルをモチーフにしたもの。皆さまは元ネタがお分かりになりましたか?

iOS の画像 (7)

 そして、本体を開くと現れる扉ページは、金色できらびやかなデザインとなっています。こちらは、先ほどご紹介したポアロのパターンとミス・マープルのパターンを組み合わせています。


クリスマスの殺人_並び

クリスティーを代表する名探偵が集結! 収録作紹介

 そんな豪華な装幀のギフトブックな本書ですが、中身ももちろん充実しています。
 この一冊があれば、エルキュール・ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンス、パーカー・パイン、クィン氏と、クリスティーを代表する名探偵たちが登場する短篇を読むことができます! 初めてクリスティーを読む、という人にもぜひ!
そんな本短篇集の収録作はこちら!

チョコレートの箱
クリスマスの悲劇
クィン氏登場
バグダッド大櫃の謎
牧師の娘
プリマス行き急行列車
ポリェンサ海岸の事件
教会で死んだ男
狩人荘の怪事件
エドワード・ロビンソンは男なのだ
クリスマスの冒険


豪華な箱入り本でお届けする『クリスマスの殺人 クリスティー傑作選』。ミステリやクリスティーが好きな友人や恋人、家族、そして自分へのクリスマス・プレゼントにいかがですか?

クリスマスの殺人 カフェ

【書誌情報】

■タイトル:クリスマスの殺人 クリスティー傑作選
■著訳者:アガサ・クリスティー/深町眞理子・他訳 
■発売日:2021年11月19日


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/