警察小説の草分け! エド・マクベインの〈87分署シリーズ〉が電子書籍で一挙復刊
見出し画像

警察小説の草分け! エド・マクベインの〈87分署シリーズ〉が電子書籍で一挙復刊

リアルな捜査の描写を持ち味とする警察小説〈87分署シリーズ〉。54作品が一挙に電子書籍で復刊しました。時代に応じて何度も映像化され、今なお色あせないロングセラー作品に、この機会にぜひ触れてませんか。

エド・マクベインの代表作〈87分署シリーズ〉は、ニューヨークを模した架空の都市アイソラを舞台に、スティーブ・キャレラら刑事達が犯罪捜査を行う警察小説です。指紋の検出や報告書の作成などリアルな捜査方法を基にした描写はもちろん、87分署の刑事をはじめとする人間味あふれるキャラクター造形に優れた本シリーズ。警察小説の草分け的作品として人気を博し、長年に渡り愛されました。

〈87分署シリーズ〉は、アメリカではもちろん日本でも幾度となく映像化されています。60年代に黒澤明監督が「天国と地獄」として映画化(原作:『キングの身代金』)。80年代「87分署シリーズ・裸の街」の連続ドラマ化、90年代に渡辺謙主演で「わが町」シリーズとしてドラマ化するなど、その時々に応じて映像化されてきています。

近年、紙の本では入手しにくい状況でしたが、この度の電子書籍による復刊で一気に手に入るようになりました! もう一度読みたいという方はもとより、はじめての方でも、シリーズの中から特におすすめの作品をピックアップしましたので、まずはここから試してみてはいかがでしょうか。

夏の夜の大都会――闇を引き裂く何者かの兇弾が、87分署の刑事たちを次々と倒していった。果して警官嫌いの犯人のなせる業か? 同僚刑事たちの胸は憤激で燃え上った。警察小説の新生面を開いたシリーズ第一作!

野心家のキングは窮地に追いこまれた。彼の息子の誘拐を企てた犯人が、誤って運転手の幼い息子を連れ去ったのだ。誘拐事件に真向うから取り組んだ力作。黒澤明監督「天国と地獄」映画原作。

電話魔がラスキン婦人服店に脅迫電話をよこした。店を立ちのかないと、お前を殺す――必死の捜査にもかかわらず、脅迫電話は23軒の店に飛火し……  シリーズきっての大悪党デフ・マンが初登場。

市長選の有力候補者の狙撃事件を担当するのは、88分署オリー刑事。だが現場に駐めた車から彼の処女小説の貴重な原稿が盗まれてしまう。重大事件そっちのけで、オリーの関心は原稿の行方に……

盲目のバイオリン奏者が、いきなり顔の真ん中を撃たれて殺された。今度は化粧品販売の女性が射殺され…… キャレラ、ホース、マイヤーら87分署精鋭を総動員した捜査が導く意外な真相とは? シリーズ最終作。


〈87分署シリーズ〉作品リスト
『警官嫌い』
『通り魔』
『麻薬密売人』
『ハートの刺青』
『被害者の顔』
『殺しの報酬』
『レディ・キラー』
『殺意の楔』
『死が二人を』
『キングの身代金』
『大いなる手がかり』
『電話魔』
『死にざまを見ろ』
『クレアが死んでいる』
『空白の時』
『たとえば、愛』
『10プラス1』
『斧』
『灰色のためらい』
『人形とキャレラ』
『八千万の眼』
『警官』
『ショットガン』
『はめ絵』
『夜と昼』
『死んだ耳の男』
『サディーが死んだとき』
『われらがボス』
『糧』
『血の絆』
『命果てるまで』
『死者の夢』
『カリプソ』
『幽霊』
『熱波』
『凍った街』
『稲妻』
『八頭の黒馬』
『毒薬』
『魔術』
『ララバイ』
『晩課』
『寡婦』
『キス』
『悪戯』
『ロマンス』
『ノクターン』
『ビッグ・バッド・シティ』
『ラスト・ダンス』
『マネー、マネー、マネー』
『でぶのオリーの原稿』
『歌姫』
『耳を傾けよ!』
『最後の旋律』
【主要取扱い電子書籍ストア】
 kindleストア https://www.amazon.co.jp/
楽天kobo https://books.rakuten.co.jp/e-book/
honto https://honto.jp/
Reader Store https://ebookstore.sony.jp/
紀伊國屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/
セブンネットショッピング https://7net.omni7.jp/basic/050001
ブックパス https://www.bookpass.auone.jp/
BOOK☆WALKER https://bookwalker.jp/
BookLive https://booklive.jp
U-NEXT https://video.unext.jp/
COCORO BOOKS https://galapagosstore.com/
DMMブックス https://book.dmm.com/
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/