見出し画像

子どもたち、クリスティーに大興奮!「読み終わるまで寝れない!!」「一日中読んでいたかった」「本離れした男子におすすめ!」大反響の声(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

3月18日に発売した、アガサ・クリスティー『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』(山本やよい訳)『そして誰もいなくなった』(青木久惠訳)。
さっそく読み終えた子どもさんたちと、保護者さんたちの興奮が伝わる感想を一部ご紹介します!

◉小学6年生/女子

『そして誰もいなくなった』

本当におもしろかったです。〔この作品を〕はやみねかおるさんの夢水清志郎事件ノートで知って、ずっとトリックが気になっていました。読んでみたら、最後までだれが犯人か分からないし、設定もおもしろかったです。私はシャーロック・ホームズは5、6冊読みましたが、集団殺人ははじめてで、おもしろかったです

保護者さんから:
本がついたその日にまず『そして誰もいなくなった』から読み始め(帯の「デスゲーム」が気になったらしい)、夜更かししても読み終えようとして、わたしに怒られいったん寝ましたが、早起きして翌朝に読み終えてました

そして誰もいなくなった_帯

画像は販売サイトにリンクしています
あらすじ等はこちら

◉小学校6年生/男子

 『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』

保護者さんからのメール:
もう、大興奮で読んでました! すっかりミステリーの魅力に取り憑かれてます😁

昨日、寝る前に読み始めてたから、読み終わるまで寝れない!!と、言ってましたが、無理矢理寝かせたら、朝、起きた瞬間から続き読んでました
次々に展開が変わるし、読み飽きないから、一日中読んでいたかったって…。

車両の見取り図を眺めながら、車両のドアはどうなってるか、部屋はどうなってるんだろう?って想像して読むのが楽しかったみたいです。

ちゃんとしたミステリー小説は初めて読んだんだと思います。
漫画のコナンとかとは違う面白さがある!って。

〔以前は〕すごい本好きだったのに、高学年になると本から離れてしまい、なんかないかなあ?って思ってたから、嬉しかったです!
本離れし始めた男子におすすめ!!

オリエント急行の殺人 _帯

画像は販売サイトにリンクしています
あらすじ等はこちら

***

一気読みしたい!というほどハマってもらえたことがうれしくてうれしくて、担当は何度も感想を読み返しています。

この2人は小学6年生ですが、なかには、3年生で楽しんでいるひともいました。(4年生以降に習う漢字にふりがなをつけています。)

翻訳は、省略をしていない完訳だから、名作本来の魅力が味わえます。一般向けのクリスティー文庫版の訳文をもとに、子どもにとっての読みやすさを考えながら修正をくわえています。

本づくりは、子どもにも持ちやすい軽くて柔らかい紙を使い、開きやすい製本にしています。ほどよくページに文字が詰まっているから、背伸びしたいお子さんにぴったりです。

何世代にもわたって読み継がれてきたアガサ・クリスティーの名作。お子さんやお孫さんにプレゼントしたり、いっしょに語り合ったりするのはいかがでしょうか。

ご感想をお待ちしています




ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
14
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ジュニア・ブックス
ハヤカワ・ジュニア・ブックス
  • 35本

ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。