英国ミステリの巨匠による本格ミステリの傑作が復刊!『死の味〔新版〕』P・D・ジェイムズ
見出し画像

英国ミステリの巨匠による本格ミステリの傑作が復刊!『死の味〔新版〕』P・D・ジェイムズ

Hayakawa Books & Magazines(β)

 教会で死んでいた二人の男と、名門ベロウン家に隠された秘密。複雑な人間関係の中から、繊細な感性と鋭敏な知性で難事件を解決してきたアダム・ダルグリッシュ警視長が導き出した真相とは――?

 英国推理作家協会賞シルヴァー・ダガー賞に輝いた英国本格ミステリの金字塔『死の味〔新版〕』が2月16日、新版として復刊いたします。

死の味〔新版〕 イラストレーター:yoco

○あらすじ

 教会の聖具室で血溜まりの中に横たわっていた二つの死体。殺されていたのは、浮浪者ハリーと元国務大臣のポール・ベロウン卿だった。一見何の関係もないような二人がなぜ同じ場所で死んでいたのか。さらに、ポール卿の周りでは、不可解な事件がいくつも起こっていたことがわかる。前妻の事故死、看護士の自殺、家政婦の溺死……。ふたたび捜査線上に浮かびあがったこれらの事件は、今回の事件とどのようなつながりがあるのか? 名門ベロウン家の複雑な人間関係の糸を解きほぐし、ダルグリッシュ警視長が導き出した推理とは。英国を代表する巨匠の渾身の一冊。解説/千街晶之

○著者紹介

 1920年英国オックスフォード生まれ。62年アダム・ダルグリッシュ警視シリーズ第1作『女の顔を覆え』を発表してデビュー。71年『ナイチンゲールの屍衣』、75年『黒い塔』、86年『死の味』(本書)で三度英国推理作家協会(CWA)賞シルヴァー・ダガー賞を受賞。87年には同賞のダイヤモンド・ダガー賞(巨匠賞)、99年にはアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞巨匠賞など、権威ある賞を多数受賞している。ほかに『神学校の死』『殺人展示室』『灯台』『秘密』『高慢と偏見、そして殺人』(以上ハヤカワ・ミステリ)などを発表し高い評価を受けた。2014年没。

 緻密な構成と重厚な筆致による本格ミステリによって、数多くの権威ある賞を受賞してきたP・D・ジェイムズ。そんな彼女によるアダム・ダルグリッシュ警視シリーズの一つの到達点とも言える本書を、お見逃しなく!
 とてもカッコいいダルグリッシュ警視が描かれた表紙が目印です!

【書誌情報】

■タイトル:『死の味〔新版〕上
■著訳者:P・D・ジェイムズ/青木久惠訳 
■本体価格:各1,220円(税抜)■発売日:2022年2月16日 
■ISBN: 9784150766191(上巻)、9784150766184(下巻)
■レーベル:ハヤカワ・ミステリ文庫
※書影等はAmazonにリンクしています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/