世界の滅びに、英雄は立つか?――新世代の大河ファンタジーサーガ、激動の第2巻! 森山光太郎『隷王戦記2 カイクバードの裁定』8/18刊行
見出し画像

世界の滅びに、英雄は立つか?――新世代の大河ファンタジーサーガ、激動の第2巻! 森山光太郎『隷王戦記2 カイクバードの裁定』8/18刊行

令和の新星、森山光太郎が放つ大河ファンタジーサーガ第2弾『隷王戦記2 カイクバードの裁定』8/18に刊行します。
前作『隷王戦記1 フルースィーヤの血盟』は2021年3月にされるやいなや、瞬く間に反響が広がり、好評いただいています。
世界の滅びに英雄は立つか? 今年最注目のファンタジーに乗り遅れるな!

■2巻書影

隷王戦記2

森山光太郎『隷王戦記2 カイクバードの裁定』
ハヤカワ文庫JA 本体価格920円+税
カバーイラスト:風間雷太
カバーデザイン:早川書房デザイン室
発売日:2021年8月18日
(電子版同時配信)

-----------------------------------------------------------------------

「英雄の資格とは何か」――カイエンが騎士に登用されて一年半。バアルベクは新太守(アミール)マイの下、戰の民平定の悲願に向け近隣都市を併合、来る覇者(ハーン)エルジャムカの侵略に備えていた。だがその願いを断ち切るように〈炎の守護者〉エフテラーム率いる隣国シャルージと二十万余の精強な七都市連合軍、そして時を操る二人の〈背教者〉を従えた最強の諸侯(スルタン)カイクバードが立ちはだかる。新世代の大河ファンタジー戦記、激動の第2巻!

■著者紹介

森山光太郎(もりやま・こうたろう)
2018年、第10回朝日時代小説大賞史上最年少の27歳で受賞し、翌年『火神子 天孫に抗いし者』でデビュー。他の著書に『漆黒の狼と白亜の姫騎士 英雄讃歌1』『王立士官学校の秘密の少女 イスカンダル王国物語』などがある。

■1巻の紹介はこちら↓↓

隷王戦記1_帯

森山光太郎『隷王戦記1 フルースィーヤの血盟』

「降るか、滅びるか」――東方世界(オリエント)を血で染めた覇者(ハーン)エルジャムカは草原の民三十万余へ選択を迫った。次期族長アルディエルは民を護るため降り、剣士カイエンは想い人の神子フランを救うため抗うも敗れ去る。流れ着いた世界の中央(セントロ)、砂漠の都バアルベクで軍人奴隷となったカイエンはやがて、神授の力を行使する英雄たちと、彼らを擁する強大な諸国間の戦乱に身を投じていく……。壮大なる大河ファンタジー戦記、全3巻開幕

■1巻の試し読みはこちら↓↓




ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/