タイトルトリミング用

外国人の視点で書かれた「日本」に触れてみよう! 電子書籍9点が半額になる「海外から見た日本近現代史セール」開催中!

8月3日から8月16日まで、「海外から見た日本近現代史セール」が各主要電子書籍書店で開催中です。この機会に外国人の視点で書かれた「日本」の近現代史に触れてみるのはいかがでしょうか?

今年も終戦の日が近づいて来ました。書店でも多くの関連書が並んでおり、「戦争」について、「日本」という国について考える良い機会となっています。

さて、これらの書籍を見ると日本の近現代史について書かれたものが多いのですが、どうもこのジャンルは、フラットな視点で描くのが非常に難しいようです。そもそも「歴史」は主義主張、立場で変わるものですから、当然と言えば当然かもしれません。

そこでおすすめです。
今夏、外国人の著した日本の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。
なかでも、この国について深い知識を持ち、多くの人間に直接取材し、極力観察者の立場であろうとした著者のそれは、私たちに新たな発見をさせてくれます。

ただいま、各主要電子書籍書店では「海外から見た日本近現代史セール」と題し、上記のようなノンフィクションを厳選し、「半額」で販売中です。

おもな舞台となるのは幕末から東日本大震災、そしてアベノミクスの展開や東京オリンピックの開催決定といった「今」。
ピュリッツァー賞受賞の歴史ドキュメントあり、民族、世代、経済、外交論にまで踏み込むものあり、いずれも読みやすく、かつ本格的なものです。登場人物も歴史上の有名人から政治家、軍人、市井の人間にいたるまで膨大な数に及びます。

以下にセール参加作品を挙げますので、この機会にぜひご一読を。8月16日までの期間限定です。
※書影からKindleストアの販売サイトにジャンプします。

大日本帝国の興亡〔新版〕1 暁のZ作戦

大日本帝国の興亡〔新版〕2 昇る太陽

大日本帝国の興亡〔新版〕3 死の島

大日本帝国の興亡〔新版〕4 神風吹かず

大日本帝国の興亡〔新版〕5 平和への道

日本‐喪失と再起の物語 黒船、敗戦、そして3・11(上)

日本‐喪失と再起の物語 黒船、敗戦、そして3・11(下)

日本‐呪縛の構図 この国の過去、現在、そして未来(上)

日本‐呪縛の構図 この国の過去、現在、そして未来(下)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
7
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。