新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「感染症への理解が深まる」「まさに今読むべき本」「気持ちが鎮まる」「必読です」『コロナの時代の僕ら』刊行の反響

「家にいよう」
「躊躇したぶんだけ、その代価を犠牲者数で支払う」
「この大きな苦しみが、無意味に過ぎ去ることを許してはいけない」


2020年2月末から3月中旬のイタリア。新型コロナウイルスによる感染者、死者は増加を続け、医療体制は日に日に逼迫(ひっぱく)し、外出は禁じられ、人々の繋がりは絶たれていく。

突然訪れた非常事態を生き延び、この後にやってくる「コロナの時代」を歩んでいかなくてはならない私たちは、どう生きるべきなのか。

物理学の博士号と200万部のベストセラーをもつ、イタリアを代表する小説家パオロ・ジョルダーノが、その思索をつづったエッセイ集『コロナの時代の僕ら』は、4月24日に刊行されました。
「緊急事態の今、まさに読まれなくてはならない」「日本に暮らす私たちにとっても、全く他人事ではない」と、多くの方にご高評をいただいています。

今回は、ウェブで全文を公開した時のものも含め、頂戴した多数の感想や反響から、そのごく一部を抜粋してご紹介します。



刊行情報など

『コロナの時代の僕ら』は、紙の本と電子書籍共に発売中です。

以下はkindleのリンクです。

「著者あとがき」「訳者あとがき」は、以下のページからお読みいただけます。








ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
49
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ノンフィクション
ハヤカワ・ノンフィクション
  • 275本

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。