見出し画像

ここでお別れだ…。野良犬がジャングルのレースで飼い主に出会った感動の実話。『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』(4/20発売)特集2

第1回目はこちら

ジャングルに暮らす野良犬が、アドベンチャーレーサーのミカエル・リンドノードさんに出会いました。ミカエルさんからミートボールをもらった犬は、彼に懐き、どこまでもついていきます。やがてアーサーという名前をつけてもらい、ミカエルさんたちのチームに仲間入りすることになりました。

アーサーと出会ったジャングルのぬかるみ道を抜けて、ミカエルさんたちはようやく休憩所にたどり着きました。

眠るときもいっしょです。

この後も、ミカエルさんたちとずっと走っていくためにしばしの休憩中。

とても人懐こいアーサー。はじめての人にもこのポーズ。


休憩を終えて、アーサーとともに出発! ところが、じつはミカエルさんにはある心配事がありました。つぎのステージはカヤック(カヌーの一種)。レーサーたちは約60kmもの距離を14時間ほどかけて進むことになっていたのです。ここがもう1つの難所。ふつうなら、犬といっしょに進むことなんて考えません。

案の定、大会の係員は「犬を連れていくことはできないぞ」と告げます。

それを聞いたミカエルさんは「アーサーには僕が必要なんだ。僕が唯一の希望なんだ」と心のなかで叫びます。その一方で、経験豊富なレーサーであるミカエルさんは、自分たちの疲れた体、重い荷物、厳しい川下りのコースに加えて、犬を連れていくことのリスクも承知していました。

さらに悪いことに、この前の日の川渡りで、アーサーは泳ぐのが苦手だと知っていたのです。しかも、背中に大きな傷まで負っていました。

ミカエルさんは決断します。アーサーはきっとひとりで棲み家に帰って、またジャングルで暮らせるだろう。自分たちのためにも、アーサー自身のためにも、ここでお別れするのが賢明だ……ミカエルさんは胸がつぶれる思いで、アーサーのほうは振り返らずにカヤックに乗り込みます。

そのとき、ばしゃんという水しぶきの音が聞こえます。

それに合わせて橋の上に立っていた他のレーサーや係員から驚きの声もあがります。ミカエルさんはレーサーとして前を行くチームメイトを必死で追いかけます。でも、彼の全神経は後ろから聞こえてくる音に注がれていました。

またもうひとつ、水しぶき。

ついにミカエルさんが振り返ると、アーサーが大きな頭だけをかろうじて水面から出して、ミカエルさんのわずか数メートル後ろを泳いでいるのです。アーサーは泳ぎが得意でないのに、出せる限りのスピードでついてきています。

けれど、だんだんとアーサーの前脚の動きは遅くなって、頭もさっきより沈んでいっています。それでもアーサーはまだミカエルさんのことをしっかりと見つめていたのです。

ミカエルさんは思います。ここを越えれば、ずっと一緒なんだ。アーサーを守るんだ。置いていくことなんてできない!

ミカエルさんが漕ぐの止めると、アーサーとの距離が縮まっていきます。アーサーにもそれがわかったのか、がんばってカヤックの端にたどり着きます。アーサーに手を伸ばすミカエルさん。舟のバランスを崩しそうになりながらもアーサーを乗せたのでした。

こうして、ふたたび5人になったチームは苦労の末、つぎのチェックポイントにたどり着いたのでした。

***

(アーサーとミカエルさんはたくさんの写真と動画も記録しています。次回からはそちらをご紹介。来週半ばの更新予定です!)

第3回 第4回

※この文章は、『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』(ミカエル・リンドノード/坪野圭介訳)の紹介記事です。本書は早川書房より4月20日に発売予定です。

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
3
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ノンフィクション
ハヤカワ・ノンフィクション
  • 260本

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。