見出し画像

【書き下ろし短篇情報先行公開!】『転生令嬢と数奇な人生を5 皇位簒奪』(12/6発売)

Hayakawa Books & Magazines(β)

ゲースロみましましでお送りする、だいぶハードな異世界ファンタジー『転生令嬢と数奇な人生を』。12月6日の5巻『皇位簒奪』発売を控え、同書に著者のかみはらさんが書き下ろされた短篇2篇の内容をご紹介いたします。

なお、紹介コメントはすべてかみはらさんご自身のものです。

本文書下ろし短篇1
「戴冠式のその後に」
内容:カレン視点。時系列は5巻本篇後。
戴冠式後の記念招宴にアレクシスを伴い参加したカレン。
皇帝陛下によりところどころ優遇されていたりします。
少しファルクラム時代を振り返り、ゲルダについて話します。
5巻終わり以降、父との仲の良さや、やや変化したカレンとライナルトの関係が垣間見える話になりました。
登場人物:ライナルト、アレクシス(カレン父)、ベルトランド(実父(仮))

・本文書下ろし短篇2
「いつか誰かが貴方を救うまで」
内容:シスの仲間視点
テーマは「勝てなかった勇者勢」。
過去の『箱』完成直前の過去の出来事。
シスとシスティーナが行方不明になり、必死に探す仲間達。
結果的にオルレンドル初代皇帝が誰であったか察せられます。
かつては半精霊シクストゥスにも仲間がいました。二人のために仲間達がどんな選択をしたかのお話。
登場人物(初登場):『魔法使い』『建築家』『鍛冶屋』他名前だけ登場『騎士』『盗賊』

こちら2篇は、本の中に収録されていますので、紙でも電子でも、書籍をお買い上げいただいた方はどなたでもお読みいただけます。

書誌情報
転生令嬢と数奇な人生を5 皇位簒奪
かみはら(著) しろ46(イラスト)
四六版並製/本体予価:1870円/刊行予定:2022年12月6日

5巻の内容紹介
使命もチート能力もなかった転生令嬢カレンは、様々な出会いを経て、転生仲間から託された使い魔と共に皇太子ライナルトを助け、邪智暴虐の皇帝を倒す計画に協力することになった。熾烈な皇位争いに決戦の時が訪れるクライマックスの第5巻。書き下ろし短篇付。

『転生令嬢と数奇な人生を5 皇位簒奪』内容紹介

著者紹介
かみはら
作家。鹿児島県在住。
創作活動を経て、WEBに発表した本作の連載版『転生令嬢と数奇な人生を』が第1回キネティックノベル大賞2次選考を通過、第8回勝手にロマンス大賞ネット部門第2位に輝く。2021年に『転生令嬢と数奇な人生を1 辺境の花嫁』でデビュー。シリーズは、ライトノベル人気投票『好きラノ』2022年上半期第7位にランクイン。

イラストレーター紹介
しろ46
イラストレーター。
連載版『転生令嬢と数奇な人生を』でもイラストを担当。
ごろごろしながら本を読むのとふかふかのぬいぐるみが好き。
かみはら先生の世界に彩を添えられるように頑張ります。

また、本noteにて、特典情報はじめ〈転生令嬢と数奇な人生を〉情報を少しずつ更新してまいります。
12月6日の発売をお楽しみにしてください!




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!