はずかしがりやのきょうりゅうクランチ

読み聞かせで「かわいい」「役に立つ」と大反響!『はずかしがりやのきょうりゅう クランチ』

どんな子でも挨拶が大好きになる絵本『はずかしがりやのきょうりゅう クランチ』読み聞かせ動画

”親子で読むと、あいさつが楽しくなる”絵本、『はずかしがりやのきょうりゅうクランチ』(作:シロッコ・ダンラップ、絵:グレッグ・ピゾーリ、訳:大友 剛)に、読者のかたからたくさんのご感想をいただいています。その一部をご紹介します!

子どもが大声を出しがちなので、相手に合わせた声の大きさ・伝え方を教えられるのがよかったです。(母親)

うちの子も恥ずかしがりや。控えめな子にもスポットが当たっていて共感できました。(母親)

あいさつからコミュニーケーションが始まると伝えられていいですね。(父親)

クランチを待ってあげるところで、相手を思う大切さが伝わります。(幼稚園教諭)

相手の立場で、ほどよいあいさつをするという着眼点がよかったです。(保育士)

子どもが楽しみながら、TPOであいさつの使い分けが必要だと感じるきっかけになると思いました。親が言っても、伝わらないことが多かったり、怒っているように捉えられたりしちゃうので。(母親)

やさしい声であいさつができるようになると思います。(母親)

絵本を通して子どもが復唱するので、とても役に立つと思います。(母親)

会話調で、より身近で真剣になれるように感じました。(母親)


クランチの魅力も語っていただきました!

恐竜だけど、はずかしがりやでかわいらしいというギャップがすてき。(幼稚園教諭)

目がつぶらでしたしみがもてます。(母親)

はずかしがりやな所が子どもと似ていてよいと思います。(母親)

目だけでかわいい。(母親)

みなさん、ありがとうございました! 『クランチ』と同じ、大友剛さん翻訳の『えがないえほん』とともに、ぜひ読み聞かせていただけるとうれしいです。

【書誌情報】
はずかしがりやのきょうりゅうクランチ――あいさつのえほん
作:シロッコ・ダンラップ 絵:グレッグ・ピゾーリ
訳:大友剛
2018年9月19日発売/B5判変型単行本32ページ
定価(本体1,300円+税)
対象:2~6歳児

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
6
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。