話題の新刊『レイン・ドッグズ』読者モニター感想ご紹介第二弾! 「シリーズの中で1、2を争う面白さ」「素晴らしい! 大傑作です!」「初読の方にもおすすめできるハードボイルド小説」
見出し画像

話題の新刊『レイン・ドッグズ』読者モニター感想ご紹介第二弾! 「シリーズの中で1、2を争う面白さ」「素晴らしい! 大傑作です!」「初読の方にもおすすめできるハードボイルド小説」

Hayakawa Books & Magazines(β)


レイン・ドッグズ

 ハヤカワ・ミステリ文庫から12月16日発売の刑事〈ショーン・ダフィ〉シリーズ最新刊エイドリアン・マッキンティ『レイン・ドッグズ』(武藤陽生訳)。本日も第二弾として本作のゲラ先読みキャンペーンに参加された読者モニターの方々から本作へ寄せられたコメントの一部をご紹介します!

読者の方の感想

〔『レイン・ドッグス』を読みました。素晴らしい! 大傑作です! 第4作「ガン・ストリート・ガール」が、ショーン・ダフィシリーズのベストだと思いましたが、それをさらに上回る面白さでした。 ショーン・ダフィは知的で有能で、自分の生き方や主義主張を貫く刑事で、本当にかっこいい。一方で、ショーンは、一匹狼ではなく同僚のクラビーやローソンと良い関係を築いており、彼らのやり取りも実に楽しく素敵。主人公を取り囲む登場人物も、それぞれが個性的で魅力的です。BMWに乗る時には常に爆弾をチェックしなければならないIRAによるテロの脅威・紛争の続発する北アイルランドが舞台に、背景には歴史的事実とされる事件がちりばめられているのも、迫力と厚みをまして警察小説としての読み応え抜群です。その上、なんと古城での密室殺人という強烈で魅力的な謎が。なんとも贅沢な作品です〕(50代女性の読者の方より)

〔シリーズ5作とも読ませていただきましたが、今作が一番良かったかと思います。紛争などの描写は今回全くといっていいほど出てこず正統派の警察捜査小説に仕上がっていて一作ごとに系統が違うのがすごいと思いました。又、ショーン・ダフィをはじめとする刑事達のキャラクターが掘り下げられていてクラビー・ローソンの刑事トリオの捜査模様が暗い雰囲気のなかで清涼剤的な役割を果たしていて和みます〕(30代男性の読者の方より)

〔ほぼ予備情報なしで読み始め、時代設定が分からず、最初は戸惑ったが、すぐに話に引き込まれた。密室の謎とその事件に関わる人間関係が秀逸〕(50代女性の読者の方より)

〔スピード感があり、日本の小説にはないテンポのよさがあった。原文のセンテンスを生かした訳と思われるが、細かい文書の切れ目で緊迫感が途切れないまま最後のページまでめくることができた。当時の社会問題も交えて話が展開されるものの、重いテーマではあるものの立ち止まることなくエンタメとして面白く読めた。本作がシリーズでも初めてであったが、シリーズの最初から読みたいと感じた〕(20代男性の読者の方より)

〔閉鎖された城の中で起きた事件は、自殺なのか他殺なのか、ダフィと一緒に色々な考察が楽しめました。 物語後半での容疑者との駆け引きは、手に汗握るほどワクワクさせてくれますし、犯人を絶対に捕まえてるという執念も強く感じさせてくれます。 ダフィ自身のの私生活についても興味深々ですし、読み終わったあと、もう次回作が気になって仕方がないです〕(30代男性の読者の方より)

【書誌情報】

■タイトル:『レイン・ドッグズ
■著訳者:エイドリアン・マッキンティ/武藤陽生訳 
■本体価格:1,520円(税抜)■発売日:2021年12月15日 
■ISBN: 9784151833076 ■レーベル:ハヤカワ・ミステリ文庫
※書影等はAmazonにリンクしています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/