見出し画像

【募集を締め切りました】子ども5人と犬1匹の探偵チームが事件を解決⁉『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』(仮)

本書のあらすじや登場人物紹介はこちら

*読者モニターの募集を締め切りました*
*たくさんのご応募をありがとうございました*

【12月25日:追記】
本日、当落通知をお送りしました。
年内にはお手元に届くと思います。

本当にたくさんの方にご応募いただき、当選者をはじめに予定していたよりも5人増やしました。
それでも半数以上の方が落選となってしました。

当落は事前にお伝えしたとおり「読者モニターをやってみたい理由」や「最近読んだ本・好きな本」などを参考に、抽選にて決めました。

落選となったみなさん、ごめんなさい。
当選したみなさん、感想をたのしみにお待ちしています!

『子ども探偵 見つけ隊』をはじめとした新刊情報や、つぎの読者モニターの情報は、このnoteやメールでお知らせします。
これからもご注目・ご期待ください!

ハヤカワ・ジュニア・ブックス


2021年4月発売予定の『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』(仮)のゲラ(本になる前のためし刷りのこと)を読んで、アンケートに答えてくれるかたをさがしています!

「読書が好き」「 ミステリに興味がある」という小学生のみなさん。
そして、「絵本からステップアップするための本を探している」「親子で読書を楽しみたい」という保護者のみなさん。
ぜひご応募ください!

■『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』(仮)とは

今から50年以上前にイギリスで書かれたミステリシリーズの第一作目です。
子どもたち5人と犬1匹がチームとなって、身近で起きる事件にいどみます!

著者:イーニッド・ブライトン
訳者:河合祥一郎
対象年齢:小学校中学年~
ページ数:320ページくらい
ジャンル:ミステリ

■あらすじ

小さな田舎町、ピーターズウッドに住むラリーとデイジー、ピップとベッツは仲良し4人組。
ある日、近所にある小屋が火事になった。
それもただの火事じゃない。だれかが小屋に火をつけたらしい!
別の街からやってきた少年ファティと犬のバスターが仲間も仲間にくわわり、5人と1匹で事件を調べることに。
イジワルな巡査にじゃまされながらも調査を進めると、4人の容疑者が浮かびあがった。
まとめ役のラリー。おとなっぽいデイジー。お調子者のピップ。泣き虫のベッツ。自信家のファティ。みんなの力をあわせて、犯人を探し出せ!

■この本の特徴

ふりがなつきでスラスラ読める!
すべての漢字にルビ(ふりがな)つきだから、習っていない漢字があっても大丈夫。
小学3年生以上が対象ですが、本が大好きな1,2年生にもおすすめです!

章が細かく分かれているから読み進めやすい!

ひとつの章が10~20ページと短く、少しずつ読み進めることができます。
おうちの方が毎日寝る前に読んであげるのにもぴったりです。
でもきっと、続きが気になって一気に読んでしまいますよ!

はじめてのミステリに最適!
20世紀を代表するイギリスの児童文学作家イーニッド・ブライトンによる本作。
ひとつの事件を子どもたちが力をあわせて解決する王道のストーリーは、ミステリ入門にうってつけです。

■応募の条件

〇応募できるかた 
・小学1年生~6年生
・『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』を最後まで読めるかた
※ひとり読みはもちろん、おうちの方といっしょに読むのもOK

〇応募の方法
こちらのフォームからご応募ください。

〇応募の期間
2020年12月10日(木)~12月24日(木)

〇募集する人数
15名
※たくさんの応募があった場合は、「読者モニターをやってみたい理由」や「最近読んだ本・好きな本」などを参考に抽選をおこないます。
【12月22日追記 たくさんの方にご応募いただいたため、人数を10名から15名に変更しました】

〇結果発表
モニターをおねがいする方には、ご登録いただいたご住所までゲラをお送りします。ゲラは12月30日(水)までにお届けします。
(抽選にはずれてしまった方にもお手紙で結果をお知らせいたします)

〇モニターのみなさんにおねがいすること
・『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』のゲラを読んでいただくこと
・ゲラの中のわかりにくい言葉などをチェックしていただくこと
・アンケートにお答えいただくこと
・ゲラとアンケートを1月20日(水)までにお送りいただくこと

〇読者モニターにご協力いただくと
1月20日(水)までにゲラとアンケートをいただいたら、できあがった『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』をお送りします。

みなさんのご応募を楽しみにおまちしています!

ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
7
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/