『オクトローグ 酉島伝法作品集成』書影&収録作品公開
見出し画像

『オクトローグ 酉島伝法作品集成』書影&収録作品公開

Hayakawa Books & Magazines(β)

『皆勤の徒』『宿借りの星』と、発表した全著作で日本SF大賞を受賞する究極の独創的作家、酉島伝法さん初の作品集成が刊行されます。

画像1

『オクトローグ 酉島伝法作品集成』
装幀:水戸部功

7月2日(木)発売
(電子書籍版・同時配信予定)

究極の独創的作家・酉島伝法、デビューから9年間に書かれたSF短篇を集成。異形の存在へと姿を変えられた受刑者の物語「環刑錮」、刷版工場に勤める男性の日常が次第に変容していく「金星の蟲」、人類の異星探査を異星生物側の視点で綴った生態系SF「ブロッコリー神殿」、宇宙を航行する市街船と奇妙な〝オーロラ〟とのコンタクトを描く書き下ろし「クリプトプラズム」など、圧倒的な筆致で描かれる全8篇。解説:大森望

収録作品

環刑錮(SFマガジン2014年4月号初出)
金星の蟲(『夏色の想像力』草原SF文庫、2014年初出)
痕の祀り(SFマガジン2015年6月号初出)
(現代詩手帖2015年5月号初出)
ブロッコリー神殿(『別冊文藝春秋』電子版7号初出)
堕天の塔(『BLAME! THE ANTHOLOGY』早川書房、2017年初出)
彗星狩り(小説すばる2017年6月号初出)
クリプトプラズム(本書書き下ろし)

各作品には酉島氏による挿画も収録(「痕の祀り」のみ加藤直之氏)。そのイラストの一部を先行掲載します。

「環刑錮」

画像2

「金星の蟲」

画像3

「ブロッコリー神殿」

画像4

「堕天の塔」

画像5

『オクトローグ 酉島伝法作品集成』
7月2日(木発売予定)

iOS の画像 (5)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/