『消失の惑星』絶賛の声、続々!〈涙が止まらない〉〈鳥肌が立つほど素晴らしい〉〈この作品だけで2021年が終わっても問題ないと思える超傑作〉〈装幀も完璧〉
見出し画像

『消失の惑星』絶賛の声、続々!〈涙が止まらない〉〈鳥肌が立つほど素晴らしい〉〈この作品だけで2021年が終わっても問題ないと思える超傑作〉〈装幀も完璧〉

先週2月17日に発売した『消失の惑星』。さっそく読んだ方々から、絶賛の言葉があがっています。その一部をご紹介します。

消失の惑星_帯書影_0126

『消失の惑星【ほし】』
ジュリア・フィリップス 井上 里訳

◎あらすじ

8月のある午後、ロシア東部のカムチャツカ半島の街で、幼い姉妹が行方不明になった。警察の捜査は難航し、事故か誘拐かもわからぬまま時ばかりが過ぎる。失踪事件は、半島中の女性たちに影を落としてゆく。

姉妹の母親、2人を最後に目撃した研究者、心配性の恋人に監視される大学生、自身も失踪した娘をもつ先住民族の母親……ばらばらに生きてきた12人の女性の言葉がつながるとき、事件はふたたび動き出す。

まずは、書店員さんのことば。

河野七海さん[未来屋書店相模原店]

「わたしも2人の女の子の母なので、誘拐された姉妹のお母さんの気持ちがすみずみまでよくわかって、胸が痛すぎて死にそうでした。真相にせまる怒涛の展開は息もできないほど。
そしてラスト。
もうね、涙止まんなかったです。
やばかったです。
未だに本当にあったことのように感じてる自分がいます」

河出真美さん[梅田 蔦屋書店]

「消えた幼い姉妹の事件を背景に、人々の人生が語られる。
いくつもの消失に、時には取り返しのつかないほど傷つきながら、人はそれでも、生きていかなければならない」

山中由貴さん[TSUTAYA中万々店]

「連れ去られた幼い姉妹と関わりのある、カムチャツカの女性たちの日常がドラマチックに綴られていて、今まで体感したことのあまりない物語の広がりを感じました。なにかを喪失してしまったまま、穴がぽっかり空いたまま生きていく。それでも、かいま見えた希望が心を照らしてくれました」


Twitterに投稿されたご感想も紹介します。

まだまだたくさんの声が届いています

『消失の惑星』は、2021年2月17日より発売中です。

◎本書の内容はこちらから


ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/