ハヤカワ国内フィクション

269

「arXivの野良論文とかいう表現が出てくるSF」「情報科学系バトルだ……」「PRML(パターン認識と機械学習)が参考文献に挙げられている初の国内SFだと思う」竹田人造『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』の感想ツイートをまとめましたアゲイン!

そうそう。10億ゲットの五嶋さん、どうしても脳内配役がオーズの伊達さんになってしまうのですが、共感していただける方いるかしら?

仕事がつらいので「人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル」を本当に映画にするなら監督は誰かというのを考えながらやっている。エドガー・ライトかな……

カジノのマップを広げて、あらゆる監視の目をごまかし金を奪う、ってオーシャンズやん!って感じで面白かったです。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

10周年記念〈機龍警察〉オフィシャル・ガイド

2010年にスタートした大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉。今年は、シリーズ開始&月村了衛氏の小説家デビュー10周年にあたります。10周年を記念して、ミステリマガジン(奇数月25日発売)では、最新長篇『機龍警察 白骨街道』を連載。そして12月3日には、吉川英治文学新人賞受賞のシリーズ第3作『機龍警察 暗黒市場』(上・下)をハヤカワ文庫から刊行しました。初めての方にもぜひ手に取って、この今世紀最大の警

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
46

ミステリが読みたい!2021年版ベスト10発表!!斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』2位、ディーリア・オ-エンズ『ザリガニの鳴くところ』3位ランクイン。

どこよりも早い年間ミステリ・ランキング、ミステリが読みたい!2021年版特集のミステリマガジン2021年1月号が刊行されました。

今年のミステリ・ランキングはドラマチックです。
海外篇は――昨年に続きあの作家がまたもや栄誉に! !
国内篇は――まさに“著者入魂の一作"が栄誉に! !
書評家、作家、翻訳家、書店員といったミステリ読みのプロフェッショナルに、海外作品・国内作品のベスト10を選出いただ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
47

「バディが良き」「泥沼的SFエンタメ」「この国のAI開発への憂いを交えて描かれる至近未来感が日本のSFって感じ」竹田人造『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』の感想ツイートをまとめました。

スネークとリキッドをオタコンにしたメタルギアソリッドのような爆裂展開の盛り上がり

機械学習とセキュリティの言葉と議論がバトルもの文脈に乗って無限に出てくる……

Googleの闇AIエンジニアとバトルファックする(うそです)ところがセクシーながら孤独に寄り添っててよかった

天才技術者が更に高みに行って自分は天才じゃなかったと打ちのめされ、遊園地の落ちた王になる場面があるのでそういうの好きな方に

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
9

【アガサ・クリスティー賞】そえだ信さん、宮園ありあさん、十三不塔さん、竹田人造さん、受賞おめでとうございます!【ハヤカワSFコンテスト】

2020年11月20日。例年通りであれば本日は、アガサ・クリスティー賞とハヤカワSFコンテスト両賞の授賞式でした。今年はコロナ渦の影響があり、普段と同じ形での開催ができないため、ここで受賞者のみなさまに心からの祝意を表させて頂きたいと思います。

第10回アガサ・クリスティー賞〈大賞〉を『地べたを旅立つ』(刊行にあたり『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』に改題)で受賞されたそえだ信さん、同〈

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
18

クリスティー賞受賞の掃除機ミステリ『地べたを旅立つ』選評抜粋

本年度アガサ・クリスティー賞に輝き、最終選考会で選考委員たちを全員驚愕させた、そえだ信氏による前代未聞の掃除機ミステリ『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』(応募時『地べたを旅立つ』改題)が、本日11月19日刊行となりました。

本の詳しい内容は、昨日の記事「掃除じゃない、捜査だ! クリスティー賞受賞の「掃除機ミステリ」刊行!」をご参考ください。

『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
45

【¥0フリー配信】第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『ヴィンダウス・エンジン』『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』試し読み版電子書籍配信中【両方読めます】

第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作の、十三不塔『ヴィンダウス・エンジン』と竹田人造『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』を、両方お試し読みができる電子書籍をフリー配信中です! それぞれ作品冒頭の一章相当分を、お読みいただくことができます。

両作の詳しい内容はこちらから。

noteでもお試し読みができます。

書籍版はこちらからどうぞ!

ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
20

【最終回】【1章6節】第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』発売直前、本文先行公開!【発売日まで毎日更新】

第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作、竹田人造『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』の本文を、11/19発売に先駆けてnoteで先行公開中! 発売日前日まで毎日更新(日曜除く)で、1章「最後の現金強盗 Going in Style」(作品全体の約25%相当)を全文公開です。本日最終回となります!

※前回までの更新はこちらのまとめページをどうぞ

SECTION 6

 サイレンの音

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
16

掃除じゃない、捜査だ! クリスティー賞受賞の「掃除機ミステリ」刊行!



「掃除機ミステリ」という新たなジャンルを切り拓き、受賞直後からミステリ界のみならず家電業界をもざわつかせた、本年度第10回アガサ・クリスティー賞大賞に輝く、『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』(応募時『地べたを旅立つ』改題)が明日11月19日、いよいよ刊行となりました! 選考委員たちが、著者・そえだ信氏の卓越したアイデアに驚愕し、多いに楽しんだ、稚気に溢れた作品です。

『地べたを旅立つ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
55

「動くもの」しか見えなくなる未知の難病。第8回ハヤカワSFコンテスト受賞作『ヴィンダウス・エンジン』、冒頭70pを一挙公開!

第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作、十三不塔『ヴィンダウス・エンジン』が11月19日発売。本作の冒頭70pを一挙公開します。また、同分量の電子書籍お試し版も同時リリース。このnote版は仕様上(サイバーパンクの魂とも言える)ルビの一部を省略していますので、ご利用可能ならぜひ以下のお試し版もDLしてみてください。

第1部 釜山



 僕の世界へようこそ。
 想像してみて欲しい。朝、窓を開

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
46