ハヤカワ国内フィクション

149
ノート

2019ベスト筆頭候補の青春本格ミステリ、キーワードは“雪密室”。『雪が白いとき、かつそのときに限り』10月3日発売!

早川書房は、10月3日にハヤカワ・ミステリから『雪が白いとき、かつそのときに限り』(陸秋槎、稲村文吾訳)を発売します。2018年末のベストテン企画を席捲し、大いに話題となった『元年春之祭』著者、陸秋槎さんによる待望の長篇第2作!

日本の本格ミステリからも強い影響を受けていることで知られる陸氏が今回描く舞台は、前作とは打って変わって現代中国の学園もの。
時を経て繰り返される雪密室の謎。二転三転する

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
18

はじめてのSF作品集――『さよならの儀式』宮部みゆきインタビュー

SFマガジン2019年10月号に掲載の、『さよならの儀式』(河出書房新社)刊行記念の宮部みゆきさんインタビューを好評につきウェブ公開します。

宮部みゆき『さよならの儀式』
河出書房新社公式サイト

親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきの新境地、心ふるえる作品集。

----------

もっとみる

SFとミステリの最高にクールなマッシュアップ短篇「魔術師」を無料配信します

2015年に『ユートロニカのこちら側』で第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉受賞し、デビュー。そして、2017年に刊行した第2長篇『ゲームの王国』は第39回吉川英治文学新人賞最終候補に選ばれた後、第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞をW受賞した小川哲。彗星のごとく現れてジャンルの壁をやすやすとぶち壊した俊英の受賞後第一作となる作品集『嘘と正典』を、9月19日に刊行します。

その『嘘と正典』

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
25

乗るはずだった新幹線に、ありえない災害が起こったら。現代日本SF「ひかりより速く、ゆるやかに」

売1週間で5刷が決定、大ヒット中の伴名練『なめらかな世界と、その敵』より、オールタイム・ベストの呼び声も高い書き下ろし「ひかりより速く、ゆるやかに」の冒頭15000字を掲載します。

伴名練『なめらかな世界と、その敵』
イラスト:赤坂アカ

「人間は脱出しなくてはならないのよ」リーナはいう。「人間は闘わなくてはならず、自分のおかれた条件を支配しようとつとめなくてはならない。かりにそうすることによっ

もっとみる

『なめらかな世界と、その敵』印税の寄付について

新刊『なめらかな世界と、その敵』の印税について、著者の伴名練氏からのおしらせを掲載いたします。(編集部)

-------

『なめらかな世界と、その敵』はおかげをもちまして、発売前重版を成し遂げることができました。これも、読者の方々から大きなご声援を頂いたおかげです。改めて御礼申し上げます。

本日は、この場を借りてご報告をさせて頂きたく思います。

『なめらかな世界と、その敵』の紙版単行本につ

もっとみる

「2010年代、世界で最もSFを愛した作家」伴名練1万字メッセージ

8月20日に短篇集『なめらかな世界と、その敵』を上梓するSF作家・伴名練さん。発売後に公開予定だった「あとがきにかえて」ですが、届いた原稿の内容がまったく「あとがき」ではなく(本書のネタバレになっておらず)、それでいて一刻も早く世に広げたい熱量だったため、緊急公開します。何はともあれ、読んでください。(編集部)
※本原稿は書籍ではなく、SFマガジン10月号(8/24発売)に掲載されます。

伴名練

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
185

小川一水「陸・海・空」連続復刊、第2弾!

8月20日、小川一水さんの初期傑作『群青神殿』『ハイウイング・ストロール』を復刊します。どちらも大幅な加筆修正、新あとがき、新解説、新装幀。特に『ハイウイング・ストロール』には、新規原稿が40枚追加されました! 7月に発売された『疾走! 千マイル急行』とあわせて小川一水の描く「陸・海・空」をお楽しみください。

『群青神殿』

神鳳(じんほう)鉱産に所属する鯛島俊機(たいじまとしき)と見河原こなみ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

『ハーモニー』特製クリアファイルが当たる書店フェア開催中!(8月31日まで)

6月下旬から好評開催中のハヤカワ文庫の百合SFフェア。フェア帯の半券を送って参加できる、シライシユウコさんの素敵なイラストが両面に描かれた『ハーモニー』特製クリアファイルの抽選〆切が今月末となりましたので、再度おしらせです。ご購入ずみの方もお忘れなく。合計250名様に用意していますので、当選率は高めです。この夏の運試しにぜひ。

(シライシユウコさんによるコミック)

対象書籍

『アステリズムに

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
17

いま最も読まれているSFラブストーリー。『なめらかな世界と、その敵』

名練による初のSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』が8月20日に発売されました。寡作ながら発表した短篇のほとんどが年刊日本SF傑作選に収録され、プロ作家・翻訳家からも高い評価を得ている逸材の傑作集! 書店完売が相次いで発売即5刷が決定した、いま最も読まれている1冊です。

『なめらかな世界と、その敵』
伴名練
装画:赤坂アカ

【内容紹介】
いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
77

1話5分で読めるSFショートショート 試し読み! 草上仁『5分間SF』(ハヤカワ文庫JA)

あっと驚く結末が、じわりと心に余韻を残す、すこしふしぎなお話が盛りだくさん。いつでもどこでも楽しめるSFショートショート、草上仁『5分間SF』(ハヤカワ文庫JA)。その中の一篇「半身の魚」の試し読みを公開! あなたはこのお話のオチ、想像できますか? 

■半身の魚

この池の魚は尽きることがない。ただし、勝手に取るなよ。

 喉が渇いていた。
 腹も減っていた。
 二日の間、惑星サザーンの砂漠を歩

もっとみる