マガジンのカバー画像

ハヤカワ国内フィクション

406
ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。
運営しているクリエイター

記事一覧

【特典情報解禁】『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』

6/8(水)の発売日まで後1ヶ月!「小説家になろう」で1200万PV突破の異世界恋愛ファンタジー『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』の特典情報を解禁いたします!

今回も巻末収録の短篇2篇に加え、紙版・電子版にそれぞれ特典が付きます!
多種多様な特典がありますので要チェックです!

■リアル書店様特典

応援書店様
・応援書店様限定SSペーパー
 「愛ゆえに、愛をもって」
内容:『怪物』ヴァル

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

【カバーイラスト先行公開!】『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』(6/8発売)

さながら転がる石のごとく過酷すぎる人生どんでん返しが止まらない、チートなしの転生令嬢カレンの活躍! 前回の次巻予告がこんな感じでした。

というわけで、〈転生令嬢と数奇な人生を〉シリーズ、待望の第3巻

『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』が、いよいよ6月8日に発売します。

〈3巻の内容紹介〉
これといった使命もチート能力もなく、
平民落ち、政略結婚、故国喪失と、状況に翻弄され、
そのたび自

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

AI裁判官vs不敗弁護士のSF法廷ミステリ! 『AI法廷のハッカー弁護士』試し読み【5/24発売まで連続更新】

もしも、AIが裁判の判決を下すようになったら?――AI裁判官が導入された日本を舞台とするSFミステリ連作『AI法廷のハッカー弁護士』が5月24日に刊行されます。作者は第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』の竹田人造さん。

SF作家が描くAI時代の法廷ミステリ、発売に先駆けて本ページで試し読みを連続更新! ハッカー弁護士の活躍をどうぞお楽しみくださ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

乙野四方字『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』アニメーション映画化、10⽉7⽇(⾦)2作同⽇公開決定‼

TikTokで話題となり累計発⾏部数28万部を突破した、⼄野四⽅字『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』(ハヤカワ⽂庫JA)のアニメーション映画が10月7日(金)より2作同日公開されます。公開日決定にあわせて、本欄では2作品のプロジェクトビジュアルとPV、そして乙野四方字さんからのコメントをお届けします!

ふたつの世界が交錯する2作品を別々のアニメーションスタジオが製作

『僕が愛

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

大ヒット公開中映画「死刑にいたる病」の原作者・櫛木理宇最新作『氷の致死量』発売!

 ベストセラー小説『死刑にいたる病』が白石和彌監督で映画化大ヒット公開中!大注目のホラーサスペンス作家・櫛木理宇さんの最新作『氷の致死量』を刊行いたします。

 従来の櫛木さんらしいショッキングな展開と、人間の内面を抉るようなサスペンス描写に加えて、今作では、主人公が教師であること、アセクシュアル(無性愛者)であることで、周囲との関係に悩みながら成長するビルドゥングスロマンの側面や社会問題へのアプ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

前代未聞の”掃除機ミステリ”が文庫化!『掃除機探偵の推理と冒険』5/24発売

卓抜した発想で全選考委員を驚愕させ、第10回アガサ・クリスティー賞大賞を受賞したそえだ信氏のデビュー作『地べたを旅立つ』が、このたび『掃除機探偵の推理と冒険』として改題文庫化されます。

『掃除機探偵の推理と冒険』

そえだ信
解説:辻真先/装画:宮崎夏次系
ハヤカワ文庫JA

北海道札幌方面西方警察署の刑事鈴木勢太は、捜査中に事故に遭い気がつくと「ロボット掃除機」になっていた! そのうえ隣の部屋

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

Vtuberとオタク、リアルな「いま」の物語。『鈴波アミを待っています』(評・宮澤伊織)

推しの失踪をめぐるVtuber小説、塗田一帆『鈴波アミを待っています』。SFマガジン6月号に掲載された作家の宮澤伊織さんによる書評を再録します。

Vtuberとファンのリアルな「いま」
宮澤伊織

 バーチャルYouTuber、略してVtuber。その語源が示すように、動画配信サイトで、自分の姿をアバターに託して活動する配信者と考えてとりあえず間違いはない。総人口は1万人を超えて久しく、この定義

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

【無料公開】堂場瞬一新刊『小さき王たち 第一部:濁流』第一章【試し読み大増量中】

『小さき王たち 第一部:濁流』堂場瞬一

第一章 油の海

   1

 

 参ったな……高樹治郎(たかぎ じろう)は顔をしかめた。突堤に近づくにつれ、オイルの臭いがひどくなってくる。念のためにとマスクをしてきたものの、ほとんど役に立っていない。

 それにしても、実際に現場を見ると、事故の凄まじさを実感する。日和山(ひよりやま)海岸沖で座礁したタンカー「ジュリアナ号」の船体は、沖合三百メートル

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

未来の裁判で完全勝訴するための魔法。『AI法廷のハッカー弁護士』5/24発売!

もしも、AIが裁判の判決を下すようになったら?――AI裁判官が導入された日本を舞台とするSFミステリ連作『AI法廷のハッカー弁護士』が5月24日に刊行されます。作者は第8回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』の竹田人造さん。気鋭のSF作家が描く曲者だらけの電脳エンタメ法廷劇、どうぞお楽しみに!!

竹田人造『AI法廷のハッカー弁護士』
単行本・5月24

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

映画「死刑にいたる病」5月6日公開記念、原作者・櫛木理宇×白石和彌監督対談!

 連続殺人鬼からの依頼は、たった一件の冤罪証明だった……。
 サイコサスペンスの名手・櫛木理宇によるベストセラー小説『死刑にいたる病』を、鬼才・白石和彌監督が映画化しました。2022年5月6日にいよいよ公開です。

 稀代のシリアルキラー・榛村大和(はいむら・やまと)を阿部サダヲさん、大和の依頼を受けて事件を再調査する大学生・筧井雅也(かけい・まさや)を岡田健史さんが演じます。

 公開を記念して

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

【堂場瞬一新刊】『小さき王たち 第一部:濁流』:堂場瞬一ファンの余談噺として(林家正蔵)

『小さき王たち 第一部・濁流』
堂場瞬一ファンの余談噺として

林家正蔵(落語家)

 気がつくと読み終えていた。まぁー半分ぐらいで今日はやめておくかと、のんびりと頁をめくっていたのに、気がつけば深夜。家の中で起きているのは私と愛犬二匹だけ。気がたかぶっているのでウイスキーでもストレイトでグイッとあおってみるかとキッチンへと向かうが、結局考えたあげく、冷蔵庫にあるヤクルト ミルミルで大腸の調子を整

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

【堂場瞬一新刊】『小さき王たち 第一部:濁流』解説(池上冬樹)

『小さき王たち 第一部・濁流』解説
池上冬樹(文芸評論家)

 堂場瞬一の小説だから面白いことはわかっていたが、堂場瞬一のミステリ以上に面白い、といったらほめすぎか。何か一皮むけたような大きな構えの物語の片鱗がここにはあり、静かな昂奮に包まれる。ミステリではないので、死体も、殺人事件もない。刑事たちの捜査活動もない。あるのは新聞記者と若き政治家との対立のみだ。それでも充分に面白く、わくわくするし、

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

【堂場瞬一新刊『小さき王たち』イベント情報!】『小さき王たち 第一部:濁流』刊行記念オンライントークショーのお知らせ

とうとう明日発売の堂場瞬一『小さき王たち 第一部:濁流』
政治家と新聞記者が日本を変えられた激動の時代──1971年の新潟を舞台に、人間の権力・愛・生き方を問う、堂場さんの新たな代表作となる物語です。

新刊発売間近ということで待ち遠しい皆様に嬉しいお知らせです!

『小さき王たち 第一部:濁流』(早川書房)
刊行記念
著者・堂場瞬一さんオンライントークショー
(聞き手・大矢博子さん)開催決定!今

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

【『アグレッサーズ』4/20(水)刊行】《戦闘妖精・雪風》シリーズガイド

神林長平氏の人気シリーズ《戦闘妖精・雪風》。13年ぶりの第4作『アグレッサーズ』刊行にさきがけ、冬木糸一氏による「《戦闘妖精・雪風》シリーズガイド」(SFマガジン2022年6月号より)を先行掲載いたします。ぜひ本欄で既刊3作を復習して、最新作をお楽しみください。

はじめに

《戦闘妖精・雪風》シリーズの新刊『アグレッサーズ』が刊行される。本シリーズは、神林長平のデビュー初期の一九八四年に第一部『

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。