ハヤカワ国内フィクション

227

櫛木理宇による傑作サスペンス、『死刑にいたる病』映画化決定

櫛木理宇による傑作サスペンス『死刑にいたる病』の映画化が決定しました。詳細は今後徐々に明らかにされていく予定です。まずは原作からお楽しみください!

『死刑にいたる病』櫛木理宇

【あらすじ】鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也に届いた一通の手紙。それは稀代の連続殺人鬼・榛村大和からのものだった。「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」パン屋の元店主にして自分のよき理解者

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
33

映画『HELLO WORLD』の原点――野﨑まど『know』を読む

9月20日より、作家・野﨑まど氏が脚本を手掛ける映画『HELLO WORLD』が全国公開されています。

【HELLO WORLD あらすじ】
京都に暮らす内気な男子高校生・直実の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミが突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。
「頼む、力を貸してくれ。」
彼女を救う為、大人になった自分自

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
18

花に埋もれて死ね または今、ミニシアターで何が起こっているのか?

「ハヤカワ文庫の百合SFフェア」開催を記念して、SFマガジン2019年2月号百合特集からコラム企画を抜粋公開いたします。今回公開するのは映画ライター将来の終わりさんによるインディーズ邦画の百合紹介です。

-----以下本文-----

 死ぬかと思った。『リズと青い鳥』を見ていたさなかのことである。

 学校という舞台、徹底したディテールのもと展開される青春のきらめきと苦み、ひとつの行き違いで破

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
39

月ノ美兎が語る戯曲『サマータイムマシン・ブルース』(ヨーロッパ企画)

祝・劇団「ヨーロッパ企画」20周年! 早川書房では、今夏より再演される代表作『サマータイムマシン・ブルース』を刊行しました。2005年には本広克行監督で映画化された本作。最新作『サマータイムマシン・ワンスモア』もひかえるなか、改めて伝説のSF青春コメディ戯曲をお楽しみください。

上田誠『サマータイムマシン・ブルース』
(※書影はAmazonにリンクしています)

さらに今回「SFマガジン」の特別

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
69