ハヤカワ国内フィクション

267

『万博聖戦』牧野修インタビュウ

ハヤカワ文庫JAより11月5日に刊行されました『万博聖戦』は、日本SF大賞特別賞を受賞した『月世界小説』以来の、牧野修さんのSF長篇大作です。SFマガジン10月号に、第一章にあたる「アドレセンスと嘔吐/1969」、同誌12月号に第二章「トルエンの雨/1969」が掲載されています。牧野さんに、執筆にまつわるお話をうかがいました。
なお、本インタビュウは、SFマガジン12月号に掲載された、同名の記事と

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
39