ハヤカワ国内フィクション

232

いよいよ28日から開催! キツすぎる練習で意識が飛んだこともあった――いよいよやってきた、師匠に優勝報告する日

『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第7回目の更新です。今回で更新は最後になります。物語はここからが本番! 続きはぜひ書籍でお楽しみください。

グランプリ

第一章 日本選手権競輪(承前)
 
      7 
 
 記者会見が終わった。
 共同インタビューがおこなわれたインタビュールームだ。集まった記者たちが、いっせいに引き揚げていく。
 だが、瀬戸はまだこの部屋に留まらないといけない。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
2

開催まであと2日! 自転車同士の接触で飛ぶ火花、そして落車……コンマ数秒の出来事にレースは左右される。

『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第6回目の更新です。いよいよ日本選手権開始。レース中もさまざまな駆け引きが行われ、時に接触することもあり……

グランプリ

第一章 日本選手権競輪(承前)
 
      6
 
 名前を呼ばれ、決勝出場選手が敢闘門からバンクにでていく。
 日本選手権競輪開催六日目、第十一レース。
 場内にファンファーレが響き渡った。華やかな曲が芝居がかったアナウンスと

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
5

開催まであと3日! 「桁違いの実力」と「尋常ではないツキ」だけでは勝てない。それが日本一決定戦”グランプリ”

『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第5回。練習がキツすぎて意識が飛ぶ!? 第一線で活躍を続ける選手はみな、過酷な練習を積んでいるようです。

グランプリ

第一章 日本選手権競輪(承前)
 

     5
 
 選手宿舎に戻った。
 まずは風呂に入って、汗を流す。それから夕食だ。
 食堂に遠山岳彦(たけひこ)がいた。都合がいい。食べながら、あしたの話をした。スタートで、どの位置をとるか。

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
5

日本一決定戦まであと6日! 競輪は個人競技なのにチーム戦? 勝負の行方を左右する”ライン”とは?

『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、第4回。競輪は、よく見ると何人かの選手がかたまりになって走っています。個人競技なのになぜ――? と思われた方、実はそれも作戦らしいですよ。

グランプリ

第一章 日本選手権競輪(承前)

      4 
 
 松丘蘭子を瀬戸に紹介したのは、八十嶋誠だった。
 初日のレースが終わり、一息ついたときである。
「おもしろい娘(こ)がまぎれこんでるぜ」
 そう

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
3

日本一決定戦まであと7日! 20代vs30代! 体力勝負ができなくなったら、自分の"脚"の特徴を見極めるべし。

『グランプリ』(高千穂遙)第1章冒頭掲載、3回目の更新。競輪のレースは場所取りが命!! そのためなら頭突きや体当たりもする、想像以上に過酷な競技。さらに体力が衰えたら戦い方も変えなくてはならなくて……

グランプリ

第一章 日本選手権競輪(承前)

     3
 
 第十一レースが終わった。
 開催五日目。きょうの最終レースだ。三本目の準決勝戦である。
 選手が敢闘門(かんとうもん)をくぐり、

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
3