ハヤカワ国内フィクション

243

ミステリマガジン2020年7月号紹介、およびお詫びと訂正について

ミステリマガジン2020年7月号
この1月30日に、惜しまれつつ亡くなった作家で仏文翻訳家の藤田宜永氏を偲び、本誌では、氏の思い出を語るエッセイや膨大な作品群を総括する作家論、隠れた名作短篇などを再掲載し、氏への最大級の感謝をこめて、追悼の意を表したい。

そして藤田氏といえば、70~80年代を中心とする冒険小説・スパイ小説の時代を支えた作家の一人だったが、その熱い時代が新しい作家たちによってよみ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
24

ミステリマガジン2018年3月号「原尞読本」特集の著者インタビュー冒頭を先行掲載!

14年ぶりの新作

――14年ぶりの新作『それまでの明日』が3月に刊行になります。前作の『愚か者死すべし』のときに、「早く書く術(すべ)を身につけた」とおっしゃったように記憶していますが、これだけ長い歳月を費やしたのはどのような背景があってのことでしょう。

原 第一には自分が遅筆で作品が少ないということを大変申し訳なく思っています。もう少しいいペースで読者に提供したい、もっといいものを書きたい、

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
6