ハヤカワ国内フィクション

325

【花田一三六の帰還】「私好みの理詰めファンタジーのにおい」「スチームパンク道中膝栗毛」「どこか海外翻訳小説ぽい雰囲気」「ボーイ・ミーツ・ガールであり一夏の冒険」【『蒸気と錬金』感想まとめ】

錬金術が発達したif世界の話で、私好みの理詰めファンタジーのにおいがする!

『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』、書名の時点で勝っとるじゃろがい!

知らない作家さんだけど、タイトル・あらすじ・カバーのすべてが ”おもしろ” を照射しているので買った。

「スチームパンク道中膝栗毛」

二人のやり取りの「英語で書かれたものをニュアンス汲み取って和訳した感じ」がとても良かった。

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです