ハヤカワ国内フィクション

5
記事

瀬尾つかさ「ウェイプスウィード」⑦ 人類の研究者

7月5日(火)発売の瀬尾つかさ氏による海洋SF『ウェイプスウィード ヨルの惑星』。第1話の全文公開の最終回を公開します。(前回はこちら)

 生き物がみな、生存と繁栄のための合理的な行動を取ると考えるのは素人がよく犯す間違いだ、とケンガセンは知っている。
 逆なのだ。たまたま合理的な行動を取った個体が偶然にも支えられて生き残ってきた、ただそれだけなのだ。
 自然とは淘汰の歴史だ。より合理性に優れた

もっとみる
スキありがとうございます!
5

瀬尾つかさ「ウェイプスウィード」⑥ 海の底で孤独に生き続けるもの

7月5日(木)発売の瀬尾つかさ氏による海洋SF『ウェイプスウィード ヨルの惑星』。第1話の全文公開その6を公開します。(前回はこちら)

 まだウェイプスウィードなど生まれていなかった遠い過去、この地がまだ陸地だった時代。現在あの白い繭が存在する場所には、巨大なサーバーセンターが存在した。その後の気象変動で水没しても、頑丈につくられた基地は問題なく機能した。知識の館はそうした過去の遺産を利用してい

もっとみる
スキありがとうございます!
3

瀬尾つかさ「ウェイプスウィード」⑤ 『ばあちゃん』の真実

7月5日(木)発売の瀬尾つかさ氏による海洋SF『ウェイプスウィード ヨルの惑星』。第1話の全文公開その5を公開します。(前回はこちら)

 シャトルから目的のデータを回収するのは、これまでの行程から比べればとても簡単な作業だった。シャトルのすぐそばまで潜水艇を降ろし、コードを伸ばし、有線で接続して内部の記録装置からデータをコピーする作業に、ケンガセンはおよそ二十分を費す。
 シャトル内の状況に関す

もっとみる
スキありがとうございます!
5

人類と藻類のファーストコンタクト。『ウェイプスウィード』瀬尾つかさインタビュー

●瀬尾つかさ(せお・つかさ)
2005年、『琥珀の心臓』にて第17回ファンタジア長編小説大賞審査委員賞を受賞し、同作でデビュー。宇宙テーマSFから学園アクション、ファンタジーまで、幅広い作風とテーマで活躍し、人気を博する。著書に『約束の方舟』『クジラのソラ』『白夢(スノーミスト)』『円環のパラダイム』『くいなパスファインダー』『スカイ・ワールド』ほか多数。

『ウェイプスウィード ヨルの惑星』瀬尾

もっとみる
スキありがとうございます!
7

瀬尾つかさ「ウェイプスウィード」② 木星圏生まれの研究者と地球の巫女

7月5日(木)発売の瀬尾つかさ氏による海洋SF『ウェイプスウィード ヨルの惑星』。第1話の全文公開その2をお贈りします。(初回はこちら)



 精密検査には二日かかった。結果は問題なし(オールグリーン)。当然だ。プロジェクトでは細菌について細心の注意を払っている。いまの地球に不用意な菌を持ち込むことなど、政治的に不可能なのだ。だからケンガセンの身体はたっぷりと洗浄、滅菌されたうえで、密閉状態を

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
4