ハヤカワ国内フィクション

267

黒猫シリーズ待望の最新作! 文庫書き下ろし短篇集『黒猫と歩む白日のラビリンス』9/17発売!

『黒猫の遊歩あるいは美学講義』から始まる森晶麿さんの「黒猫シリーズ」待望の最新作、文庫書き下ろし短篇集『黒猫と歩む白日のラビリンス』が9/17に発売! 丹地陽子さんによる美麗なカバーイラストとあらすじを公開します。黒猫と付き人の関係性の変化にもご注目ください。

森晶麿『黒猫と歩む白日のラビリンス』ハヤカワ文庫JA
本体価格800円+税
刊行日:2020年9月17日(電子版同時発売)
カバーイラス

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
27