ハヤカワ国内フィクション

2
ノート

三秋縋、最新作『君の話』「02 蛍の光」公開

02 蛍の光

 もし僕のようなからっぽの人間に友達ができるとしたら、それはやはり僕と同じようにからっぽの人間なのだろうな、と少年時代の僕は漠然と想像していた。友達も恋人もいなくて、優れた資質も誇れる経歴もなくて、心温まる思い出なんて一つも持っていない、そんな絵に描いたような「持たざる者」と出会ったとき、僕に初めて友達と呼べるような相手ができるのではないかと。
 江森(えもり)さんは僕にとって最初

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
31

三秋縋『君の話』「01 グリーングリーン」公開

発売初日で初版分が完売後、続々重版が決定している三秋縋さんの書き下ろし長篇小説『君の話』。10~20代の読者から、静かに熱狂的な支持を受ける話題作の冒頭「01 グリーングリーン」を公開いたします。お楽しみ下さい。

俺たちはな、ただ名前ばかりがシャボン玉のように膨らんだ、夢幻の恋人に恋焦がれている。
 さあ、受け取れ。この偽りを、真実に変えるのは君だ。
――エドモン・ロスタン『シラノ・ド・ベルジュ

もっとみる
スキありがとうございます!
39