ハヤカワ国内フィクション

266

【閲覧注意】「かんにんして、獣はかんにんして……」恐ろしく、やがて哀しき書き下ろしホラー長篇『人喰観音』「飴色聖母」本文公開



※【閲覧注意】この作品には残虐な表現、猟奇的な描写が含まれています

第10回「幽」文学賞大賞を『やみ窓』で受賞した篠たまきさん。第2長篇となる『人喰観音』作中の「飴色聖母」のエピソード、前半部分を公開いたします。

『人喰観音』「飴色聖母」

   一

 春の軟風が、すぅ、と奈江の鼻先をなでた。温められた土の湿度。草の葉が吹く成長の息吹。それらが空気の流れに入り混じり、乾いた肌に心地良い。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
57