ハヤカワ国内フィクション

243

【2巻発売!】「遥かな未来、地球人は使い捨ての兵隊になった……」『幼女戦記』カルロ・ゼンの戦争SF新シリーズ『ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下』第二章「貨物」全文公開

プロローグはこちら
第一章『選択』はこちら

第二章『貨物』

エコノミークラスとは? とどのつまり『経済的理由』により『貨物』となることを選んだ階級の事である。——商連標準『貨物』船クルーの戯言

 地球──火星間の定期運航貨物船TUE‐2171は、星系内での運用を主眼として商連で広く運用されているKP‐37シリーズに属する標準的な貨物船である。運用者・運航当事者の両者から手放しで歓迎されている

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
7

【2巻発売!】『幼女戦記』カルロ・ゼンの戦争SF新シリーズ『ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下』第一章「選択」90,000字を全文公開

プロローグはこちら

商連総督府発行──惑星地球概要

①政治状況
可住惑星。原住種あり。星間知性種認定基準を満たすものの、惑星統一政府なし。林立した部族政体に近い統治機構が存在するため、原住種の文化保護を規定した倫理基準に従い、総督府は惑星地表での間接統治プログラムを運営中。
自由貿易に対する反抗運動はおおむね撲滅済み(原住種の分裂政体に関しては、190以上と数えられる。詳細は、別掲の学術報告書

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
2

【2巻発売!】『幼女戦記』カルロ・ゼン×『オーバーロード』so-binの戦争SF新シリーズ『ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下』プロローグ公開

中華帝国とセネガル、ブラジルとニュー・ヘブリディーズ諸島、モロッコとニカラグアに各々共通するものと言ったら人類という共通の仲間意識以外に一体何があろうか? ——エリック・ホブズボーム

ヤキトリとは? ——商連地球総督府発行採用促進広告

①概要
・商連海兵隊の安価な代用品
※機能的に商連海兵隊を代用しうるのみであり、互換性を保証するものではありません。地球総督府当局は、ヤキトリの使用により生じた

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
8

新シリーズ『放課後地球防衛軍』スタート記念!「現役最古のラノベ作家」笹本祐一インタビュウ全文公開

──本作『放課後地球防衛軍』は、満を持しての笹本さんの早川書房初登場作品となります。本作はどのような経緯でご執筆されることになったのでしょうか。また、『ARIEL』や『ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ)』などのご自身の既存の作品と異なる試みをされた部分はありますか。

笹本 プロ作家なので依頼があれば原稿を書きます。問題はいつ書き上がるか、という点にあります。ハヤカワで新作を、というオファーはもう数年

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
13

ハヤカワ文庫初登場! 笹本祐一新シリーズ『放課後地球防衛軍1 なぞの転校生』冒頭公開

第一話 謎の転校生

「センターラインがない!」
 灰色一色に見えるほどの速度で流れていた岩壁が途切れると、HIDライトの真っ白な光が虚空に吸い込まれた。はるか彼方にかすかに星明かりを照り返す太平洋の大海原が浮かび上がる。
「ガードレールもない!」
 運転席のバックレストにしがみついたまま、後席の桐生祥兵が情けない声を上げた。
「杏せんせ、スピードスピード!!」
「ぅやかましい!」
 アクセルを床

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
8