マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ノンフィクション

383
ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

#認知科学

ゴキブリはどれほど賢いのか。アンディ・クラーク『現れる存在』イントロダクション試し読み

ゴキブリはどれほど賢いのか。アンディ・クラーク『現れる存在』イントロダクション試し読み

イントロダクション――ゴキブリの脳を載せたクルマ

1950年代のSFと1960年代の科学ジャーナリズムの中で、約束されたはずの「人工の心」はどこにいってしまったのか。われわれが作り出した最高の「知的」人工物は、なぜいまだに、言いようもなく手の施しようがないアホなのか。一つの可能性は、われわれが知能そのものの本質をまったく誤解しているということだ。われわれは心というものを、ある種の論理的推論装置が

もっとみる
あなたは直観型? 熟慮型? 「知ってるつもり」を暴く認知反射テストに挑戦!【『知ってるつもり』本文試し読み】

あなたは直観型? 熟慮型? 「知ってるつもり」を暴く認知反射テストに挑戦!【『知ってるつもり』本文試し読み】

 見慣れた自転車や水洗トイレの仕組みを説明できると思いこむ、政治について極端な意見を持つ人ほど政策の中身を理解していない――私たちはなぜ自分の知識を過大評価してしまうのか?
 私たちの知性の本質に迫り、「知ってるつもり」の錯覚に切り込む話題の書がついに文庫化! 『知ってるつもり 無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック:著、土方奈美:訳、山本貴光:解説/ハヤカワノンフィク

もっとみる
【発売即重版】「描けない!」の声続出。あなたの『知ってるつもり』を暴く話題の1冊

【発売即重版】「描けない!」の声続出。あなたの『知ってるつもり』を暴く話題の1冊

日頃見慣れた自転車の仕組みを説明できると思いこむ、政治について極端な意見を持つ人ほど政策の中身を理解していない――私たちが抱えている知識の錯覚、「知ってるつもり」の正体を暴く話題の本『知ってるつもり 無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック:著、土方奈美:訳、山本貴光:解説/ハヤカワノンフィクション文庫)が早くも重版決定しました!
人はなぜ自分の知識を過大評価してしまうの

もっとみる
知識がない人ほど過激な意見をふりかざすのはなぜか? 各界の著名人が絶賛した『知ってるつもり』が文庫化【本文試し読み】

知識がない人ほど過激な意見をふりかざすのはなぜか? 各界の著名人が絶賛した『知ってるつもり』が文庫化【本文試し読み】

『知ってるつもり:無知の科学』への絶賛コメント!(敬称略、50音順)

池谷裕二(脳研究者・東京大学教授)「知的生物たるヒトはその高度な知性ゆえに無知の罠から逃れられない。気の毒すぎて「私」という生物がますまず愛おしく感じられます」

佐渡島庸平(株式会社コルク代表) 「中学生のときからずっと「無知の知」について考えてきた僕にうってつけ」

竹内薫(サイエンス作家)「AI時代に人間の「知」はどう進

もっとみる