マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ノンフィクション

382
ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

#宇宙

「異説」こそが科学を進歩させてきた!『オウムアムアは地球人を見たか?』渡部潤一さん解説

「異説」こそが科学を進歩させてきた!『オウムアムアは地球人を見たか?』渡部潤一さん解説

 好評発売中の『オウムアムアは地球人を見たか?』(アヴィ・ローブ:著、松井信彦:翻訳)。ノンフィクションですが、つい最近「エイリアン・テクノロジー」が地球近傍を訪れていたとする、まるで『三体』などのSF小説を地で行くような大胆な仮説を展開。ニューヨーク・タイムズはじめ各紙誌でベストセラーとなり、2021年のアマゾンベストブックにも選ばれるなど世界中でセンセーションを巻き起こしている話題の本です。

もっとみる
ハーバードのトップ天体物理学者が世に問う大胆な仮説!『オウムアムアは地球人を見たか?』試し読み

ハーバードのトップ天体物理学者が世に問う大胆な仮説!『オウムアムアは地球人を見たか?』試し読み

 ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、パブリッシャーズ・ウィークリーの各紙誌でベストセラーとなり、Amazonベストブックにも選ばれた話題の書、『オウムアムアは地球人を見たか?』(アヴィ・ローブ:著、松井信彦:翻訳)が4月5日に発売となります。 
 2017年、観測史上初めて太陽系外から飛来した謎の天体「オウムアムア」。その正体をめぐっては、世界中の科学者や天文ファンの間で熱

もっとみる
宇宙の高みから見ることのすばらしさ『人生が変わる宇宙講座』より

宇宙の高みから見ることのすばらしさ『人生が変わる宇宙講座』より

 世界150万部、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーに60週以上ランクインした宇宙物理の新定番、『人生が変わる宇宙講座』が刊行となりました(単行本『忙しすぎる人のための宇宙講座』改題)。本書は、宇宙を支配する物理法則から、現代宇宙論で話題沸騰の多宇宙、正体不明の暗黒物質・暗黒エネルギーまで、138億年の謎をコンパクトに解説しています。
 宇宙を理解することは、社会や地球について見直すことにつなが

もっとみる
ブラックホール、ダークマター、多宇宙 の謎もクリアにわかる!『138億年宇宙の旅』訳者あとがき

ブラックホール、ダークマター、多宇宙 の謎もクリアにわかる!『138億年宇宙の旅』訳者あとがき



   (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

ハヤカワ文庫『138億年宇宙の旅』上・下(クリストフ・ガルファール/塩原通緒 訳)は、好評発売中です。〔訳者あとがき=下巻に所収〕

               *

理系に苦手意識のある人だって、映像がまざまざと見えてくるようなストーリー展開に思わず、引きこまれて読めてしまう!「先端宇宙論」入門。本書の魅力を訳者が語りま

もっとみる
ホーキング博士の直弟子が案内する『138億年宇宙の旅』試し読み

ホーキング博士の直弟子が案内する『138億年宇宙の旅』試し読み



   (書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

ハヤカワ文庫『138億年宇宙の旅』上・下(クリストフ・ガルファール/塩原通緒 訳)は、6月6日(木)発売です。

                *

先端宇宙論の世界は不思議な謎に充ちている。秘密を探るため、地球から太陽系、銀河系、彼方の「目に見える宇宙全体」の果てへ飛び、宇宙誕生から今日まで138億年にわたる壮大な旅を始

もっとみる
【終了】文系だからこそ「宇宙」や「進化」のしくみにキュンとする。
電子書籍47点がほとんど半額「文系も楽しめるサイエンス」フェア開催中!

【終了】文系だからこそ「宇宙」や「進化」のしくみにキュンとする。 電子書籍47点がほとんど半額「文系も楽しめるサイエンス」フェア開催中!

8/31追記:本フェアは終了いたしました。

宇宙の始まりや終わり、人間も含めた生物の進化、病について……専門家でなくとも興味深いサイエンスの題材はたくさんあります。そこで、熱い気持ちで本を手に取るわけですが、あまりに難解だと「冷めるわ……」。だって文系だから。
そんな皆様にこの夏、当社のサイエンス書を楽しんでほしいなと、主要電子書籍書店で「文系も楽しめるサイエンス」フェアを開催しています。

もっとみる
【祝】ノーベル賞受賞!! 世紀の大発見の舞台裏を明かす『重力波は歌う』より、訳者あとがきを公開!

【祝】ノーベル賞受賞!! 世紀の大発見の舞台裏を明かす『重力波は歌う』より、訳者あとがきを公開!

2016年2月11日、重力波研究をかねてから支援していたアメリカの国立科学財団(NSF)のお膝元、首都ワシントンで記者会見が開かれ、前年の9月14日に同国の重力波観測施設LIGOで重力波が検出されていたことが発表された。その存在が間接的にしか証明されていなかった重力波が直接観測され、一般相対性理論の正しさがまたも実証されたのだ。翌日には一般紙の一面を飾ったこのニュースをご記憶の方も多いと思う。今回

もっとみる