ハヤカワ・ノンフィクション

355

米国史を支配する「2つのサイクル」とは? ジョージ・フリードマン『2020-2030 アメリカ大分断』解説 渡辺靖(慶應義塾大学教授)

「大統領が誰であれ、今後10年にわたってこの国(アメリカ)の空気は恐怖と嫌悪に覆われつづける」と看破し話題を呼ぶ、ジョージ・フリードマン『2020-2030 アメリカ大分断――危機の地政学』。本書の読みどころを、『リバタリアニズム』『白人ナショナリズム』などの著作で知られるアメリカ研究者・渡辺靖氏が解説します。

ジョージ・フリードマン『2020-2030 アメリカ大分断』解説
「事実」を重視した

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです