ハヤカワ・ノンフィクション

259

違法アップロード/ダウンロードがコンテンツ業界にもたらす末路、ここにあり!『誰が音楽をタダにした?』文庫版訳者あとがき

(書影はAmazonにリンクしています)

文庫版訳者あとがき by 関美和

本書『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』はフィナンシャル・タイムズ、ワシントン・ポスト、タイム、フォーブスの年間ベストブックに選出された第一級のノンフィクションだ。

2016年9月に日本語翻訳版が刊行されると、日本でもさまざまなメディアに取り上げられた。いち早く評してくれたのがミュージシャンの菊地

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
6

これは無料ですが、違法ではありません。『誰が音楽をタダにした?』無料拡大お試し版電子書籍を配信中!

(書影はAmazonにリンクしています)

音楽産業の衰退について書かれた本なんて、いまさら読みたくない——。

みなさんはそう思われるかもしれません。

CDが売れなくなった、デジタルへと移行しているけどそんなに儲かっていない、むしろ最近はライブが主な収入源だ。「そんな話、もう知ってるよ」と思われるでしょう。

デジタル音楽への移行をうながしたきっかけの一つが、違法の「海賊版」だったということも

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
11

2016年9月27日発売 ブルース・スプリングスティーン自伝『ボーン・トゥ・ラン』著者メッセージ動画第二弾公開

9月27日に世界同時発売されるルース・スプリングスティーン自伝『ボーン・トゥ・ラン』について、著者からのメッセージ動画(英語)が公開されました。

 文章の書き方には独特のルールがある。書き手のもっている音楽的な規則と結びついているんだが、そこに音楽のない音楽を作らなければならない。ストーリーを進めたり、リズムを変化させたり、発声法を変えたり、といった具合に、ページのうえに、純粋な推進力を創造しな

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
1

2016年9月27日発売 ブルース・スプリングスティーン自伝『ボーン・トゥ・ラン』解説/五十嵐正 先行公開!

解説

音楽評論家/翻訳家  五十嵐 正

2016年のブルース・スプリングスティーンは、昨年末に発表した『ザ・リバー・ボックス〜THE TIES THAT BIND:THE RIVER COLLECTION』という80年のアルバム『ザ・リバ ー』にたくさんの未発表録音と同時期のライヴ映像などを加えた豪華なボックスセットに合わせて、『ザ・リバー・ツアー2016』を1月から開始。まず1月から4月

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
4