ハヤカワ・ノンフィクション

297

「東京、ひとつの壮大な時計」。時の鐘を訪ね歩く紀行文学の傑作『追憶の東京』(アンナ・シャーマン)



東京を愛してやまない英国在住の作家、アンナ・シャーマンによる紀行エッセイ『追憶の東京 異国の時を旅する』(吉井智津 訳)。

東京という都市に魅せられた著者は、江戸時代に人々に時刻を伝えていた「時の鐘」を訪ねて歩きます。鐘が現存するのは、日本橋、本所横川、浅草、上野、新宿、赤坂、芝切通など。時計盤のように円を描きながら、史跡に向かい、人々から証言を集め、文献を読み込んでゆく――そこで浮かび上が

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
35

英国在住の作家が、愛してやまない東京を描く紀行エッセイ『追憶の東京』訳者あとがき



『追憶の東京 異国の時を旅する』
アンナ・シャーマン、吉井智津訳
好評発売中

書評情報

毎日新聞(2020年12月26日)書評(若島正氏・京大名誉教授)
サンデー毎日(2020年12月27日号)書評(川本三郎氏・評論家)
日刊ゲンダイ(2020年12月4日)書評(北上次郎氏・評論家)
週刊新潮(2020年12月3日号)書評(大竹昭子氏・作家)
北海道新聞(2020年11月29日号)書評(橋

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
43