ハヤカワ・ノンフィクション

291

学校も病院も行くことを禁じられた少女の壮絶な半生の回想『エデュケーション』/大原ケイ書評

ビル・ゲイツ、ミシェル&バラク・オバマらが絶賛して全米で130週以上ベストセラーリストにランクイン、400万部超を売り上げたノンフィクション、タラ・ウェストーバー/村井理子訳『エデュケーション――大学は私の人生を変えた』(原題:Educated: A Memoir)とはどんな本なのか? アメリカの出版事情に精通する大原ケイさんが紹介します。

よくアメリカは「自由の国」と言われるが、そもそもなんの

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
82

トランプはアメリカというジェットコースターの乗客にすぎない。ジョージ・フリードマン『2020-2030 アメリカ大分断』まえがき

ベストセラー『100年予測』で知られるジョージ・フリードマンの最新作、『2020-2030 アメリカ大分断――危機の地政学』が本日発売。米大統領選を前に必読の本書より、「まえがき」を全文公開します。

ジョージ・フリードマン『2020-2030 アメリカ大分断』まえがき

現在、アメリカ合衆国は困難な時代の真っただなかにある。アメリカ人の眼はいま、ドナルド・トランプ大統領にじっと向けられている。反

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
24

私は無許可でホワイトハウスにもぐりこんだ――『炎と怒り』著者マイケル・ウォルフが手の内を明かす



(書影はAmazonにリンクしています)

本書を執筆した理由は、これ以上ないほど明白だ。2017年1月20日、ドナルド・トランプの大統領就任とともに、アメリカ合衆国の政界はウォーターゲート事件以来となる桁違いの大嵐のど真ん中に放り込まれた。就任の日が近づくなか、私は、同時代を生きる者の臨場感をもってこの物語を語り、さらに、トランプ政権の内情をその最も近くにいる人々の目を通して観察するために動

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
2

トランプ陣営は大統領選に勝つつもりはなかった!? ただ1人の男を除いては……。衝撃のベストセラー『炎と怒り』より、第1章を先行公開〔前半〕

ジャーナリスト・神保哲生氏による『炎と怒り』の解説はこちらから!

アメリカでは早くも170万部を突破した大ベストセラー、マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(原題 Fire and Fury: Inside the Trump White House)。

2月下旬の邦訳版刊行に先がけ、第1章全文を先行公開いたします(全2回)。

1 大統領選当日

2016年11月6日の午後、

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
4

全米沸騰のベストセラー、マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(原題 Fire and Fury: Inside the Trump White House)、2月下旬緊急発売決定!



マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』

本体価格1800円+税 2018年2月下旬発売 早川書房
※書影をクリックするとAmazonページにジャンプ。

「この本でトランプ政権は終わるだろう」――著者マイケル・ウォルフ(BBCのインタビューより)

株式会社早川書房は、世界的話題作マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(原題 Fire and Fury: Insi

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
5

6月1日放送「奇跡体験! アンビリバボー」にて1時間丸ごと総特集! 『スパイの血脈』より「訳者あとがき」特別公開

早川書房より好評発売中のノンフィクション『スパイの血脈』(ブライアン・デンソン/国弘喜美代訳)が、6月1日(木)放送のフジテレビ系列「奇跡体験! アンビリバボー」にて大特集されます。著者および捜査関係者への貴重なインタビュー&迫真の再現ドラマで事件の全貌に迫る、1時間丸ごとのスパイ親子特集です。http://www.fujitv.co.jp/unb/

1990年代から2000年代にかけて起こった

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

親子で売国! 全米を震撼させた「ニコルソン父子事件」とは? ②〈息子・ネイサン編〉『スパイの血脈』5月9日発売

〈父・ジム編〉はこちら

「お父さんが法廷であなたに謝っていましたね。『人生で最悪だったのは、自分のせいで息子が逮捕された日だ』と」インタビュアーがネイサン・ニコルソンに問いかける。

「あのことばはすごくうれしかったです。思い出させるから……ぼくの知ってる昔の父さんを」そう答えたネイサンの表情と口調には、苦悩の色がありありとにじんでいた。

ネイサン・ニコルソン。服役中の売国奴、ジム・ニコルソン

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
1

親子で売国! 全米を震撼させた「ニコルソン父子事件」とは?  ①〈父・ジム編〉『スパイの血脈』5月9日発売

コロラド州フレモント郡、ADXフローレンス刑務所。
米国一厳重な警備で知られ、「脱獄不可能」「収監されたが最後、二度と空を見ることはできない」「人格が徐々に崩壊していく」などと恐れられる、通称“ロッキー山脈のアルカトラズ”。

外界から隔絶されたこの場所に、ひとりの男が服役している。
男の名はジム・ニコルソン。
スパイ罪で有罪判決を受けたCIA局員のなかで、最も高い職位にあった人物。
祖国を二度裏

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
1