マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ノンフィクション

382
ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

#経済学

「危機を救う経済学」と絶賛されたベストセラーが文庫化!『財政赤字の神話 MMT入門』試し読み

「危機を救う経済学」と絶賛されたベストセラーが文庫化!『財政赤字の神話 MMT入門』試し読み

序章 バンパーステッカーの衝撃2008年。カンザス州ローレンスの自宅から、当時経済学を教えていたミズーリ大学カンザスシティ校に向かう道すがら、目の前を走るメルセデスのSUVのバンパーに貼られたステッカーが目に入った。描かれていたのは少し猫背で立つ男の姿だ。ズボンのポケットはすべてベロンと裏返しになっている。表情は険しく深刻だ。赤と白のストライプのズボンに紺のジャケット、星柄のシルクハット。「アンク

もっとみる
今なぜアダム・スミスなのか。堀内勉氏の解説を一挙公開!『アダム・スミス 共感の経済学』

今なぜアダム・スミスなのか。堀内勉氏の解説を一挙公開!『アダム・スミス 共感の経済学』

 好評発売中の『アダム・スミス 共感の経済学』(ジェシー・ノーマン:著、村井章子:翻訳)。
 21世紀の今、なぜアダム・スミスの哲学や思想に改めて注目する必要があるのか? 日本の渋沢栄一や宇沢弘文、さらには現代のSDGsとの意外なつながりとは?
 本書の持つ今日的意義を、『読書大全 ――世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊』などの著書がある、堀内勉氏にご解説いただきまし

もっとみる
「最も理解されていない思想家」の実像に迫る!『アダム・スミス 共感の経済学』序文

「最も理解されていない思想家」の実像に迫る!『アダム・スミス 共感の経済学』序文

 2月16日に『アダム・スミス 共感の経済学』(ジェシー・ノーマン:著、村井章子:翻訳)が発売されます。
 アダム・スミスは「近代経済学の父」として知られる一方、その思想があまりにも幅広い分野にまたがっていることもあり「世界で最も理解されていない思想家」と形容されることも。本書では「市場原理主義者」「不平等と利己主義の擁護者」「女性軽視」といったスミスにまつわる〝神話〟をそぎ落とし、経済学から政治

もっとみる
京大生の80%が陥る2つの認知バイアスとは? 『〔エッセンシャル版〕行動経済学』解説・依田高典(京都大学教授)

京大生の80%が陥る2つの認知バイアスとは? 『〔エッセンシャル版〕行動経済学』解説・依田高典(京都大学教授)

2021年2月2日、ついに文庫版が発売となった『〔エッセンシャル版〕行動経済学』より、京都大学教授・依田高典氏による巻末解説を公開します。

解説:腹応えある教養が楽しめる入門書依田高典(京都大学大学院経済学研究科教授) 

高まる行動経済学への注目

「いま、行動経済学に注目が集まっている」と、著者は書き出しで述べている。

仰せの通りで、書店には沢山の行動経済学の入門書が並んでいるが、玉石混淆

もっとみる