ハヤカワ・ノンフィクション

350

ダーウィンの類いまれな破壊的能力とは自然を〇〇としてとらえる能力にほかならず、それはメンデルに備わった能力と同じだった。『遺伝子―親密なる人類史ー』第1部②

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー1位、ビル・ゲイツが年間ベストブックにも選出した名著『遺伝子―親密なる人類史ー』が待望の文庫化! 刊行にあたり、本書の第1部「遺伝学といういまだ存在しない科学――遺伝子の発見と再発見(1865~1935)」を、権利上可能な限りのところまで数回にわたり連載します。前作『がん―4000年の歴史ー』でピュリッツァー賞に輝いた著者(現役医師)の圧倒的なストーリーテリング

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

メンデルは生物学という問題に向き合うことになり、生物学もまた、メンデルという問題に向き合うことになった。『遺伝子―親密なる人類史ー』第1部①

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー1位、ビル・ゲイツが年間ベストブックにも選出した名著『遺伝子―親密なる人類史ー』が待望の文庫化! 刊行にあたり、本書の第1部「遺伝学といういまだ存在しない科学――遺伝子の発見と再発見(1865~1935)」を、権利上可能な限りのところまで数回にわたり連載します。前作『がん―4000年の歴史ー』でピュリッツァー賞に輝いた著者(現役医師)の圧倒的なストーリーテリング

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

意味を貪欲に求める、小さな二つのボール 『ヒトの目、驚異の進化』書評 by 伊藤亜紗(美学者)

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』などの著作があり、今年2月に発足した東京工業大学「未来の人類研究センター」のセンター長を務める美学者は、マーク・チャンギージー『ヒトの目、驚異の進化』をどのように読んだのか? 伊藤亜紗さんによるレビューをお届けします。

● ●

生物の体には経緯がある。私があたりまえのようにやっていることも、そこに「なぜ」と疑問の光をなげかけてみると、何十万年、何百万年

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。