ハヤカワ・ノンフィクション

290

経済学界の異端児がノーベル賞を受賞!『行動経済学の逆襲』はその軌跡を語りつくした「メイキング・オブ・行動経済学」の傑作

著者の2017年度ノーベル経済学賞受賞で話題をさらったリチャード・セイラー『行動経済学の逆襲』(上下巻、遠藤真美訳)がついに文庫化。

従来の経済学は完全に合理的な人間像を想定してきたが、そんな人は地球上に一人もいないのでは? 根本的な疑問を抱えた「ぐうたら」経済学者は、意思決定の不合理を探究する心理学者たちに出会う。彼らとの協働はやがて「行動経済学」という新たな学問へと結実していくが、それは同時

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
22