ハヤカワ・ノンフィクション

346

何度も訪れるであろう世界的危機を脱するために――『新薬という奇跡』文庫版解説(サイエンスライター・佐藤健太郎)

人類を救う特効薬やワクチンはどのように生まれるのか? その舞台裏を描く『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』が刊行されました(単行本時タイトル=『新薬の狩人たち 成功率0.1%の探求』)。
文庫版でも単行本に引き続き、サイエンスライターの佐藤健太郎さんに解説をお寄せいただきました。

『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』
ドナルド・R・キルシュ&オギ・オーガス/寺町朋子訳
ハヤカワ文庫NF

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!

我々はただ皆さまに伝えるほかない。SFプロトタイピングは世界を変える、と。『SFプロトタイピング』はじめに

SF(サイエンス・フィクション)を通じて私たちの未来を試作=プロトタイプし、逆算とストーリーの力で新しいプロダクトやサービス、組織変革の突破口を開く――「SFプロトタイピング」と呼ばれる手法が、いま熱い注目を集めている。刊行直後より「日経新聞」や「週刊ダイヤモンド」などビジネス媒体で書評が相次ぐ話題の入門書『SFプロトタイピング SFからイノベーションを生み出す新戦略』(宮本道人=監修・編著、難波

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

【緊急刊行】世界健康安全保障指数1位のアメリカは、なぜ最大の「コロナ敗戦国」となったのか? マイケル・ルイスが語る、最新作『最悪の予感』に込めたメッセージ

『マネー・ボール』『世紀の空売り』のマイケル・ルイス最新作、『最悪の予感――パンデミックとの戦い』(中山宥訳)が7月8日(木)に緊急刊行。コロナ禍を戦った知られざる英雄たちの姿を通じて、意思決定と危機管理の本質に迫ったノンフィクションです。アメリカでは5月4日の発売直後からニューヨークタイムズ・ベストセラーにランクインし続け、Amazon.comで評価数5300・★4.7という超高得点をマークして

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

「夢の新薬」を追い求めて――『新薬という奇跡』訳者あとがき

人類を救う特効薬やワクチンはどのように生まれるのか? その舞台裏を描く『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』が刊行されました(単行本時タイトル=『新薬の狩人たち 成功率0.1%の探求』)。
本書の翻訳者であり、医薬品の研究開発に携わったご経験をお持ちの寺町朋子さんによる訳者あとがきを公開します。

『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』
ドナルド・R・キルシュ&オギ・オーガス/寺町朋子訳
ハヤ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

あのワクチンや特効薬はどのように生まれるのか? 新薬開発の舞台裏に迫る『新薬という奇跡』6/16刊行!

2018年に刊行され好評いただいた『新薬の狩人たち 成功率0.1%の探求』。新薬という夢に賭けた人々の挑戦の歴史を、第一線で長年活躍する研究者が描き出す名著が、このたびついに文庫化!『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』と改題し、6/16に刊行します。

『新薬という奇跡 成功率0.1%の探求』
ドナルド・R・キルシュ&オギ・オーガス/寺町朋子訳
ハヤカワ文庫NF
ISBN:9784150505

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

【Reader Store/ブックパス限定】電子書籍30%OFFクーポンキャンペーン開催中!

電子書籍ストアReader Store/ブックパスにて、早川書房の電子書籍ほぼ全点が対象となる30%OFFクーポンキャンペーンが開催中です! 期間は6/24(木)いっぱいまで。この機会に両ストアをお使いの皆さんはぜひさまざまな名作・話題作を手にとってみてください!

Reader Storeの特設ページはこちらです。
ブックパスの特設ページはこちらです。

ラインナップのなかから、新しいものを中心

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

ライムスター宇多丸「民主的プロセスというものの意義を再確認する意味でも、今こそ必読の書」『冤罪と人類』書評

発刊後早々に重版が決定した、管賀江留郎『冤罪と人類――道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)。戦前・戦後の冤罪事件の考察を通じて人間の本性を抉る本書がいま、大きな話題を呼んでいる理由とは? 本記事では、ラッパー・ラジオパーソナリティのライムスター宇多丸さんによる書評を公開します。

書評 ライムスター宇多丸(ラッパー・ラジオパーソナリティ)
認識の歪みが生む悲劇
「凶悪

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です