悲劇喜劇

2
ノート

演劇シーン最注目の劇作家・市原佐都子 渾身の書き下ろし小説。冒頭を無料公開

「悲劇喜劇」2018年3月号では、最注目の劇作家・市原佐都子さんの中篇小説「マミトの天使」を掲載。市原さんは、2017年の岸田國士戯曲賞選考会で、選考委員の岩松了さん、岡田利規さんらからその才能を高く評価されました。一癖も二癖もある作品世界と、柔らかで不思議なユーモアのある語り口が共存している点が市原作品の魅力です。

また、今回の小説掲載に合わせて書評家の豊﨑由美さんからは、エッセイ「文学界の大

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

「文学界の大いなる問題児へ」 書評家・豊﨑由美氏のエッセイを特別公開

悲劇喜劇3月号(2/7発売)では、昨年の岸田國士戯曲賞選考会で高い評価を受けた劇作家・市原佐都子さんの中篇小説『マミトの天使』を掲載。
今回は市原さんに寄せた書評家・豊﨑由美さんのエッセイ「文学界の大いなる問題児へ」を、早川書房のNOTEで公開します。

*  *  *

文学界の大いなる問題児へ   豊﨑由美(書評家)

 あんなみっともないものをぶら下げているわりには、ヘテロの男性作家で身体性

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
6