悲劇喜劇

4
ノート

◎没後一年◎劇団四季の創設者・浅利慶太とは何だったのか?(悲劇喜劇9月号)

悲劇喜劇9月号では、没後一年をむかえた浅利慶太を総特集。
浅利慶太は、言わずと知れた劇団四季の創設者。演劇の裾野を日本全国に広げました。「キャッツ」「ライオンキング」などをご覧になった方や、自分の初めての演劇体験が劇団四季だという方も多いのではないでしょうか。

今回は、一九五〇年代にアヌイやジロドゥなどのフランス現代劇を上演し、寺山修司・谷川俊太郎などに新作戯曲を委嘱していた、前衛的な時代の浅利

もっとみる
スキありがとうございます!
13

劇評『キネマと恋人』藤谷浩二×嶋田直哉/『悲劇喜劇』9月号より

演劇雑誌『悲劇喜劇』では、毎号、話題の舞台の劇評を対談形式で掲載。このたび、6月から7月にかけて上演された『キネマと恋人』の劇評をnote限定で公開します。
評者は朝日新聞社編集委員の藤谷浩二氏と、明治大学准教授の嶋田直哉氏。

(書影をタップすると、Amazonページにジャンプします。)

***以下、本文です***

──世田谷パブリックシアター×KERA・MAP『キネマと恋人』(世田谷パブリ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
9

劇評『プラータナー:憑依のポートレート』藤谷浩二×嶋田直哉/『悲劇喜劇』9月号より

演劇雑誌『悲劇喜劇』では、毎号、話題の舞台の劇評を対談形式で掲載。このたび、6月から7月にかけて国際交流基金アジアセンターにより上演された『プラータナー:憑依のポートレート』の劇評をnote限定で公開します。
評者は朝日新聞社編集委員の藤谷浩二氏と、明治大学准教授の嶋田直哉氏。

(書影をタップすると、Amazonページにジャンプします。)

***以下、本文です***

編集部 藤谷浩二さんと嶋

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8

ポーズをとること――別役実『象』について/松田正隆

(書影をタップすると、Amazonページにジャンプします。)

「悲劇喜劇」2019年7月号に掲載された、松田正隆「ポーズをとること――別役実『象』について」。本誌掲載版に大幅な加筆を加えた、完全版を公開いたします。バタイユやカフカを引用しながら展開される、別役実の代表作に大胆に斬りこんだ論考を是非ご一読ください。

1

別役実の戯曲『象』は原爆の投下された広島の街をモチーフにしている。主要な登

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8