ハヤカワSF

313

「生きることの意味を問いかけている」「SFが苦手な人にもぜひ手にとってほしい」「こういう話こそ今必要とされている」『わたしたちが光の速さで進めないなら』レビューと感想

『82年生まれ、キム・ジヨン』の大ヒットをきっかけに、急速に注目が高まっている韓国小説。早川書房では、今韓国で一番売れているSF小説『わたしたちが光の速さで進めないなら』を2020年12月に刊行いたしました。

『わたしたちが光の速さで進めないなら』
キム・チョヨプ/カン・バンファ ユン・ジヨン訳 
装画・挿絵:カシワイ/装幀:早川書房デザイン室

本書は、第2回韓国科学文学賞中短篇部門大賞受賞の

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
82

早川書房、百合はじめます。ハヤカワ文庫の百合SFフェア

早川書房では6月20日(木)、百合SFアンソロジー『アステリズムに花束を』と月村了衛『機忍兵零牙〔新装版〕』、森田季節『ウタカイ 異能短歌遊戯』、矢部嵩『〔少女庭国 〕』をハヤカワ文庫JAより一挙刊行。伊藤計劃『ハーモニー』初代カバー版などを加え百合SFフェアを開催します。
(新刊4点すべて電子版も同日配信)

世界初の百合SFアンソロジー
『アステリズムに花束を』

百合――女性間の関係性を扱っ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
125

サンヌキカノ……って知ってますか? 『裏世界ピクニック』ファイル10お試し版

宮澤伊織『裏世界ピクニック』シリーズ最新話、ファイル10「サンヌキさんとカラテカさん」が31日より順次配信。ファイル9「ヤマノケハイ」の続篇となる本作の冒頭部分を公開します。ファイル9~11を収録した第3巻は、今秋刊行の予定です。

宮澤伊織『裏世界ピクニック2』
ハヤカワ文庫JA/ファイル5~8収録

ファイル9「ヤマノケハイ」
(電子書籍オリジナル版)

1

「だいぶ伸びたよね、空魚」
 池

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
12

「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」連動企画! 小松左京『復活の日〔新版〕』、平井和正『狼の紋章【エンブレム】』『狼の怨歌【レクイエム】〔新版〕』を生賴氏の装画で復刊!

「スターウォーズ 帝国の逆襲」やゴジラ・シリーズの映画ポスター、光栄の歴史シミュレーションゲームのイラスト、さらにはマイクル・クライトン『ジュラシックパーク』など数々の名装画で知られる世界的イラストレーター・故生賴範義氏の展覧会が東京に初上陸。それに合わせ、氏の代表的装画を使用した3作品、小松左京『復活の日』、平井和正『狼の紋章【エンブレム】』『狼の怨歌【レクイエム】』を復刊しました。会場の上野の

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
9