ハヤカワSF

6
記事

早川書房が贈る1,000点超えの大規模セール「春のハヤカワ電子書籍祭」開催中!~担当者のオススメ偏愛作品【第1回:日本人作家篇】

4月13日までKindle限定で開催中のセール「春のハヤカワ電子書籍祭」。1,000点を超える作品の中から少しでも選書の助けにと、担当者がオススメしたい作品を勝手にお届けします! まずは日本人作家篇。こんな時期だからこそ、ご自宅で小説の世界にどっぷりと浸かってしまってください。

「春のハヤカワ電子書籍祭」ラインナップ一覧はこちら。

まずは円城塔『Boy's Surface』です。何をおいてもこ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
50

【2/6発売】激動の10年、SFは何を描いたかーー大森望・伴名練が精選するSF傑作選、目次大公開!

来たる2月6日、国内SF作家の傑作短篇計20篇を集めたアンソロジーを刊行いたします。編者は、『三体』翻訳者の大森望氏と、『なめらかな世界と、その敵』著者の伴名練氏という最強タッグ。この10年間をふりかえりたい方、SFに興味を持ち始めたばかりという方にも、ぜひ手にとっていただきたい傑作アンソロジー全2巻。本書の書影と収録作品を公開いたします!

『2010年代SF傑作選1』

大森望・伴名練=編/ハ

もっとみる
スキありがとうございます!
92

【電子書籍セール】想像力を用いて創造力を発揮するために――早川書房海外SF作品必読フェア「ビジネス×想像力」が開催中!

ビジネスに必要なものは多々あれど、来たるべき世界を思い描く想像力と、未来をクリエイトしていく創造力がそのなかでも重要な要素であることは間違いありません。
人は頭の中にあるものしか作りだせないともいいます。ならば、豊潤な想像力こそが優れた創造力を身につける鍵なのかもしれません。

そこで早川書房では、想像力・読解力を養うことができる作品をすべてのビジネスパーソンにおすすめするべく、いま読むべきSF作

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
126

奇才ハーラン・エリスンが編んだ伝説的SFアンソロジー『危険なヴィジョン〔完全版〕』全3巻刊行! 第1巻収録の高橋良平氏の解説を完全公開!

アメリカSF界最大のカリスマ作家ハーラン・エリスンが、既存の欧米SF界に革命を起こすべく企画・編集した全篇書き下ろしのSFアンソロジー『危険なヴィジョン』邦訳版がついに完全刊行開始!

名作「世界の中心で愛を叫んだけもの」の著者として知られる英米SF界の奇才、ハーラン・エリスンが編み、アメリカで1967年に刊行された、33作収録の「思弁小説(スペキュレイティブフィクション)」巨大アンソロジー。邦訳

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
9

知性を持つ植物は、人類の敵か味方か!? 惑星植民&ファーストコンタクトSF『セミオーシス』の解説(レビュアー:七瀬由惟)を刊行記念公開!

7世代100年、惑星植民者と知的植物のファーストコンタクト年代記!

新世代のル・グィンが描く、21世紀の『地球の長い午後』

*画像はAmazonにリンクしています。

惑星パックスを植民開発する人類は、土着植物が意思を持つことに気づく。人類に敵意を持ち意図的に毒を持つ植物との共存は可能か?

1 苦闘の惑星植民
2 植物知生体とのファーストコンタクト
3 先住生命体の謎
4 集団社会の秩序・正

もっとみる
スキありがとうございます!
15

君はもう読んだ? 発売即重版のSF童話「地球灰かぶり姫」全ページ無料公開

2018年の第6回ハヤカワSFコンテストで優秀賞を受賞した三方行成『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』。発売されるや各所からの絶賛も相次ぎ重版が決まった、この冬最も話題のSF作品のひとつです。第1話の「地球灰かぶり姫」は電子書籍ストアでお試し版を無料配信していますが、このたびその全文をnoteでも公開いたします。トランスヒューマンのお姫様のもとへとガンマ線バーストが降り注ぐ、タイトルに偽り

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
132