ハヤカワSF

286

【6月3日予約締切!】映画「ブレードランナー2049」公式ビジュアルブック こだわりの印刷所レポート



原書と日本版の印刷の差は
人間とレプリカントの差に相応する――
つまり〝どっちがニセモノか”じゃないんだ

『アート・アンド・ソウル・オブ・ブレードランナー2049』は、アカデミー賞2部門受賞の映画「ブレードランナー2049」の最も詳しい製作記録! 映画製作の現場を膨大な写真とインタビューで伝える決定版であり、写真が命の本書の仕上がりは、印刷の品質が最大のカギとなる。
予約締切迫るなか、埼玉県

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
11

〈ウィッチャー〉原作小説第3巻刊行! 刊行記念読者プレゼント・キャンペーンのお知らせ

ハヤカワ文庫FTから、アンドレイ・サプコフスキによる『ウィッチャーⅢ 炎の洗礼』が刊行されました。ゲームオブザイヤーを受賞した『ウィッチャー3』など、全世界で累計3300万本を売り上げた大ヒットゲーム〈ウィッチャー〉シリーズを生みだしたファンタジイとして知られ、現在、オンライン・カードゲーム「グウェント」や、ネットフリックスで小説をもとにしたドラマ化が進行中ということも話題となっているシリーズの第

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
11

【第2部刊行!】〈キングキラー・クロニクル〉第2部『賢者の怖れ』ひかわ玲子氏による解説をアップ!

「読んでいて〝時を忘れる”という体験を久々にしました」 作家 ひかわ玲子

映画&ドラマ化進行中! 全世界で1000万部を超える正統派本格ファンタジイ〈キングキラー・クロニクル〉シリーズ、待望の第2部『賢者の怖れ』の第1巻が、5/2に遂に刊行されます。
全7巻毎月連続刊行となる第2部の刊行にあたって、第1巻に収録されるひかわ玲子氏による解説を全文アップします。

〈キングキラー・クロニクル〉とはど

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
8

【第2部刊行記念】〈キングキラー・クロニクル〉第1部『風の名前』の冒頭試し読み第2弾!

全米大ヒットの王道的ファンタジイ巨篇、〈キングキラー・クロニクル〉、待望の第2部『賢者の怖れ』の第1巻が、5月1日より、全7巻7カ月でいよいよ刊行!
刊行に先立ち、第1部『風の名前』(全5巻)より第1巻冒頭第1章を試し読みのため2度に分けてアップする第2弾!

第1弾はこちら

※書影はアマゾンにリンクしています。

〈キングキラー・クロニクル第1部〉『風の名前 1』
冒頭試し読み公開

パトリッ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
8

【第2部刊行記念】〈キングキラー・クロニクル〉第1部『風の名前』の冒頭試し読み第1弾をアップ!

「解説者として断言する。『風の名前』は、指折りの傑作。」 大森望(第1巻帯より)

放浪の旅×親の仇×魔法学園×竜退治

映画&ドラマ化進行中の正統派本格ファンタジイ

全米大ヒットの王道的ファンタジイ巨篇、〈キングキラー・クロニクル〉、待望の第2部『賢者の怖れ』の第1巻が、5月1日より、全7巻7カ月でいよいよ刊行!
刊行に先立ち、第1部『風の名前』(全5巻)より第1巻冒頭第1章を試し読みのため2

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
5

【予約締切5/31】『アート・アンド・ソウル・オブ・ブレードランナー2049』はどんな本なのか? その特濃な収録内容を紹介!



本書は、カナダ放送協会の現場レポーター、インタビュアーでありドキュメント映画監督、そしてドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の妻でもあるタニア・ラポイントが、映画製作現場を2年間にわたり縦横に駆け巡って取材した濃密なドキュメントであり、また35年前に前作『ブレードランナー』でスチル撮影を担当しその世界を知り尽くしたカメラマン、スティーヴン・ヴォーンが現役復帰して撮影した膨大な写真などを使用した、公式大判ビ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
6

米国発の正統派ファンタジイシリーズ『風の名前』、3月末から第1部5分冊連続刊行開始! 村上春樹『騎士団長殺し』を一時中断して読みふけった書評家・大森望氏、本気の絶賛解説を特別公開。

異世界ファンタジイ屈指の傑作シリーズ、開幕

SF翻訳家・書評家  

大森 望 

『風の名前』は、パトリック・ロスファスのデビュー長篇にして、全世界で一千万部以上を売った超人気異世界ファンタジイ・シリーズ《キングキラー・クロニクル》の第一部(The Kingkiller Chronicle: Day 1)。原書 The Name of the Wind は二〇〇七年に米国 DAW Booksか

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
1