ハヤカワSF

8
ノート

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第1期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第3期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら

★第1期ラインナップ

○第11回配本 2013年8月
『夢幻諸島から』
The Islanders(2011)
クリストファー・プリース

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
4

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第2期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第3期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第2期ラインナップ

○第13回配本 2015年12月
『クロックワーク・ロケット』
The Clockwork Rocket(2011

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第4期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第3期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第4期ラインナップ

○第9回配本 2019年4月
『声の物語』
Vox(2018)
クリスティーナ・ダルチャー/市田泉=訳/カバーイラ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
14

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第3期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第3期ラインナップ

○第11回配本 2017年10月
『隣接界』
The Adjacent(2013)
クリストファー・プリースト/古

もっとみる
スキありがとうございます!
5

海外ドラマの最高峰「ゲーム・オブ・スローンズ」原作 至高の異世界戦史 ジョージ・R・R・マーティン 〈氷と炎の歌〉

ジョージ・R・R・マーティンによる現代最高の異世界戦史〈氷と炎の歌〉。2011年よりドラマ化作品「ゲーム・オブ・スローンズ」の放送が開始され、全世界で人気が沸騰。累計7000万部突破のベストセラー・シリーズとなった。ドラマはこれまで7シーズン・全67話が制作されエミー賞最多受賞など高い評価を受けている。この度、ついに amazon Prime Videoでも1~6シーズンの配信が開始された。(吹替

もっとみる
スキありがとうございます!
4

【シリーズ紹介】映像化にサム・ライミ監督が名乗りをあげた《キングキラー・クロニクル》3部作とは? 第2部『賢者の怖れ』2018年5月より日本版刊行開始!

全世界で1,000万部以上売り上げた、パトリック・ロスファスの超大人気の正統派本格ファンタジイ・シリーズ《キングキラー・クロニクル》(全3部作予定)をご紹介します。

 第1部『風の名前』(The Name of the Wind)は、2007年に米国から刊行されたちまち大人気。2008年に刊行されたハードカバーの日本版は、2017年にハヤカワ文庫FTより全5巻で刊行されました(訳/山形浩生、渡辺

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
2
スキありがとうございます!
4

【著者紹介】アンディ・ウィアー、アメリカSF界の超新星

アンディ・ウィアー Andy Weir

1972年6月16日、カリフォルニアに素粒子物理学者でエンジニアの息子として生まれる。15歳で国の研究所に雇われ、現在までプログラマーとして働いている。科学、とくに宇宙開発に強い関心を寄せる。作家志望だったウィアーが初めて書いた小説が『火星の人』である。
『火星の人』は、まず自らのウェブサイトに公開され、その後kindle版を発売。発売後3カ月で、35,0

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7