ハヤカワSF

330
+1

スタニスワフ・レム生誕100周年記念企画第3弾! SFマガジン12月号「スタニスワフ・レム生誕100周年」内容紹介

2021年はSF作家スタニスワフ・レムの生誕100周年!早川書房からは第1弾(限定版ブックトート)、第2弾(ソラリスTシャツ&限定ホログラムカバー版文庫『ソラリス』)に引き続き、第3弾企画として10月25日発売のSFマガジン2021年12月号にて「スタニスワフ・レム生誕100周年記念特集」をお届けします!本邦初訳初期短編や書簡などで「知の巨人」レムの存在をいまいちど振り返ります。そのほか今回最終回

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
+1

『異常論文』とは何か?

SFマガジン2021年6月号で組まれた謎の特集「異常論文」。特集号が増刷になるなど話題を集め、ハヤカワ文庫JAの文庫レーベル1500番記念作品として大幅増量された書籍版が刊行となります。異常論文とは何なのか? 発売に先駆け、本書の編者である樋口恭介氏による巻頭言を掲載します。

ハヤカワ文庫JA1500番記念作品
『異常論文』
樋口恭介=編
10月19日発売・予約受付中

■目次■異常論文・巻頭言

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
+1

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』公開記念! 〈デューン〉の世界を知ろう!

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日に日本で公開される。フランク・ハーバートの小説『デューン 砂の惑星』の二度目の映画化だ。映画をより楽しむために参考になるかと思い、ここで〈デューン〉の世界の理解を深めるために、小説に登場するキーワードをまとめてみた。

小説版『デューン 砂の惑星〔新訳版〕』(酒井昭伸 訳)下巻巻末の用語集を参考に構成しなおし、あいうえお順に並べている。

***

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。