電子書籍

8
ノート

ビル・ゲイツ氏絶賛! 最新ノンフィクション『無人の兵団』が明かす「ターミネーター」誕生の可能性、AI搭載のロボット兵士が握る人類の未来とは?

(書影は販売サイトにリンクしています)

驀進するAI・ロボット技術を背景に、急速な進化を遂げる「自律型兵器」。果たして、「ターミネーター」に描かれるような、ロボットが人間を脅かす近未来は到来するのか? ビル・ゲイツ氏、瀬名秀明氏ら、AI問題についての造詣が深い著名人がこぞって絶賛する話題作『無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』(ポール・シャーレ著、伏見威蕃・訳。原題Army o

もっとみる
スキありがとうございます!
15

もうひとつの『零號琴』がここに――SFマガジン連載版をそのまま電子書籍化した『零號琴〔SFマガジン連載版〕』配信中!

2018年、飛浩隆氏による16年ぶりの第2長篇『零號琴』が刊行されました。SFマガジンでの連載を大幅に加筆訂正した本作は、待望の新作として、刊行予定が発表されるやいなや大きな話題を呼びました。

『零號琴』

もちろん、刊行後も読了した読者の惜しみない賛辞は尽きることがなく、本日発売した『SFが読みたい! 2019年版』で発表された「ベストSF2018」でも圧倒的な強さで第1位に。ちなみに飛浩隆氏

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
12

【終了】ライトノベル読者にもオススメ! 対象作約190点の小説が半額となる「国内作家セール」開催中!

現在、主要電子書籍ストアで国内作家セールが開催されています(12月25日まで)。高千穂遙〈ダーティペア・シリーズ〉や野田昌宏〈銀河乞食軍団〉、冲方丁〈マルドゥック・シリーズ〉や宮澤伊織『裏世界ピクニック』など、190点が50%OFF(半額)となっています。

魅力的なキャラクターがところせましと活躍する傑作の数々は、ライトノベルやライト文芸の読者にもオススメ! この冬、キャラクターと物語を愛するす

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
59

【終了】読書の秋、SFの秋? 電子書籍でSFを読もう! 300点以上のタイトルが最大半額、「海外SFセール」開催中!

アーサー・C・クラークやロバート・A・ハインライン、そしてグレッグ・イーガンからコニー・ウィリス、ケン・リュウまで、なんと300点以上のタイトルが最大50%OFF。主要電子書籍ストアで現在開催中です(9月25日まで)。使い古された言い方ですが、やっぱり秋は食欲でも芸術でもなくて「読書の秋」。というわけで、そんな秋の夜長に海外SFはいかがですか? 

ただ、海外SFとただ言っても、すでにお気に入りの

もっとみる
スキありがとうございます!
85

サンヌキカノ……って知ってますか? 『裏世界ピクニック』ファイル10お試し版

宮澤伊織『裏世界ピクニック』シリーズ最新話、ファイル10「サンヌキさんとカラテカさん」が31日より順次配信。ファイル9「ヤマノケハイ」の続篇となる本作の冒頭部分を公開します。ファイル9~11を収録した第3巻は、今秋刊行の予定です。

宮澤伊織『裏世界ピクニック2』
ハヤカワ文庫JA/ファイル5~8収録

ファイル9「ヤマノケハイ」
(電子書籍オリジナル版)

1

「だいぶ伸びたよね、空魚」
 池

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
10

コミック版『裏世界ピクニック』第1巻発売。原作者「マジですごい」

月刊「少年ガンガン」で好評連載中の、水野英多先生によるコミカライズ版『裏世界ピクニック』の単行本1巻が発売となりました。原作の魅力が余すことなく描かれた漫画化に加え、巻末には原作者・宮澤伊織先生によるSS「間章 夜桜おねえさんの深夜配信」も収録!

『裏世界ピクニック』①
(スクウェア・エニックス刊/電子版あり)

【STORY】
「くねくね」や「八尺様」など、ネット上で実話怪談として語られる危険

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

祝・星雲賞受賞!「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」電子版配信!

このたびSF大会にて発表された第49回星雲賞【日本短編部門】を見事受賞。2017年の短篇SFベストに輝いた、柴田勝家「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」の電子書籍オリジナル版を配信いたしました!

「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」
柴田勝家

《あらすじ》
彼らは生まれてから死ぬまで、VR世界のなかで暮らすという――西洋文明側の視点から記録されていく、少数民族スー族の自治区の奇妙にして

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

衝突まで0.5秒、車載AIによる最後の審判――「Final Anchors」配信開始

「天駆せよ法勝寺」で第9回創元SF短編賞を受賞した新鋭・八島游舷氏の、もうひとつの話題作「Final Anchors」を8月15日より電子書籍オリジナル版で配信開始しました。これからの人とAIの行方を問う、傑作SF短篇!

「Final Anchors」(電子書籍オリジナル版)

〈STORY〉

サンフランシスコの交差点、2台の車の衝突まで残り0.5秒。

人間の反応時間ではもはや間に合わず、相

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5