海外文芸

129

閉鎖的な地方都市で暮らす姉妹の失踪。この事件が、ばらばらに生きてきた女たちを引き合わせる――長篇小説『消失の惑星【ほし】』ジュリア・フィリップス

早川書房では、2月18日にアメリカの作家ジュリア・フィリップスの長篇小説『消失の惑星【ほし】』(原題 Disappearing Earth)を刊行します。

本作は、デビュー作ながら、全米図書賞・全米批評家賞の最終候補になり、ニューヨーク・タイムズをはじめ、25の媒体の年間ベストブックに選出。全米10万部突破、24言語で翻訳が決まっているベストセラーです。

◉あらすじ

8月のある午後、ロシアの

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
34