海外文芸

9
ノート

フランス文学最高峰ゴンクール賞受賞作『三人の逞しい女』(マリー・ンディアイ/小野正嗣訳)訳者あとがき

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三人の逞しい女』マリー・ンディアイ/小野正嗣訳

* * *

今回は、フランス文学最高峰のゴンクール賞を受賞した傑作小説『三人の逞しい女』をご紹介します。父に捨てられた弁護士のノラ、移住先で教師の職を捨てなければならなかったファンタ、夫を失ったカディ・デンバ。三人の女たちの絡み合う生を通した先に見える「逞しさ」とは何か。芥川賞作家である訳者の

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
10

「底なしにも思える奈落を超高速で走り抜けるジェットコースター」ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』解説公開

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

前回の記事「読める煉瓦発売中! ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』厚さ対決」にて500円玉やみかんと死闘を繰り広げた『死者の国』。内容の分厚さを存分に語った、ミステリ書評家・三橋曉による解説を公開いたします!

 解説                

                     三橋曉

 昨年の夏、書店に並んだフレン

もっとみる
スキありがとうございます!
16

140万部突破! 超高級ホテルに軟禁された貴族の優雅な生活を描く『モスクワの伯爵』は、隅々まで美意識が行き届いている!

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『モスクワの伯爵』エイモア・トールズ/宇佐川晶子訳/早川書房

全米140万部突破のベストセラー『モスクワの伯爵』は、いまも実在する超高級ホテルを舞台に、そこから一歩も出ずに何十年も暮らすことになったロシア貴族を描く長篇小説。一見辛そうですが、紳士の流儀をつらぬく伯爵の生き方と絢爛豪華な内装が美しく綴られ、上質なユーモアとペーソスをかもしだし、極

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
18

ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房

境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランスで書かれたにもかかわらず、実は、フランス人もフランスという国も出てきません。それはなぜか? そして、他の国が選ばれたのはどうしてか? 
フランス在住のライター、髙崎順子氏による解説を公開します。

ジェンダーギャップ指数で読み解くベ

もっとみる
スキありがとうございます!
21

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)

(書影はAmazonにリンクしています)

早川書房より好評発売中の『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き、フランスで100万部突破したベストセラーを、ノンフィクションライターの佐々涼子さんがレビューします。

* * *

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?

佐々涼子

レビューを書く前に、ごくごく個人的な話をすると、私

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
49

フランスで100万部、女性たちにエールを送る小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ、齋藤可津子訳)訳者あとがき

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳
早川書房/4月18日発売

* * *

理不尽な人生と闘う3人の女性。遠く離れた彼女たちを支えたのは、髪のきずなだった。
フランスで100万部突破し、全世界で共感と賛同の声があがっている小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)の読みどころを、訳者の齋藤可津子さんに語っていただきます。

* *

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
10

完売店続出! 次々重版!! 圧倒的共感を集める小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)試し読み

『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/
早川書房/2019年4月18日発売

理不尽な人生と闘う3人の女性を描き、フランスで100万部突破、日本でも圧倒的共感を集めている小説『三つ編み』。その一部を無料公開中です。

◎著者インタビューが大反響!
「フランスで100万部「女の生き辛さ」わかる小説 『三つ編み』が描いた女性の葛藤と強さ」(東洋経済オンライン2019年6月7日)
「「人間

もっとみる
スキありがとうございます!
38

黙らなかった女性たちをつなぐ物語――フランスで100万部突破の小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)4月18日発売

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房

株式会社早川書房は、フランスで社会現象ともなったベストセラー『三つ編み』(原題:La Tresse)を4月18日に刊行します。

著者は、レティシア・コロンバニ。これが小説デビュー作ですが、日本では、オドレイ・トトゥ主演の映画『愛してる、愛してない…』(日本公開2003年)の監督として

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
18

ピエール・ルメートル最新刊『炎の色』発売! 『天国でまた会おう』3部作第2弾の壮大な面白さ:訳者あとがき公開

『その女アレックス』のピエール・ルメートルが著した、傑作歴史小説にしてピカレスク・ロマンのゴンクール賞受賞作『天国でまた会おう』。同作の続篇にあたる『炎の色』がいよいよ発売されました。

(書影はAmazonにリンクされています)
『炎の色』ピエール・ルメートル、平岡敦訳
単行本・文庫(上下巻)同時発売!

発売を記念して、平岡敦さんによる訳者あとがきを特別公開いたします!

***

 本書は2

もっとみる
スキありがとうございます!
15