海外文芸

159

自分に正直でなければ、生きている甲斐がない。『食べて、祈って、恋をして』著者が贈る、「ありのままの私」を生きる女性たちの小説『女たちのニューヨーク』

早川書房では、5月18日にアメリカの作家エリザベス・ギルバートの長篇小説『女たちのニューヨーク』(原題City of Girls)を刊行します。

著者は、『食べて、祈って、恋をして』で、全世界の女性たちを勇気づけたエリザベス・ギルバート。今作では、1940年代のニューヨークを舞台に、慣習をうちやぶって、自分の力で道を切り開いていく女性たちを描き出します。

『女たちのニューヨーク』
エリザベス・

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
31

さまざまな地下をめぐる、文学、神話、思索にあふれた旅。ガーディアン紙「21世紀ベスト・ブック100」に選ばれた『アンダーランド 記憶、隠喩、禁忌の地下空間』試し読み公開中

『アンダーランド 記憶、隠喩、禁忌の地下空間』は英国人作家ロバート・マクファーレンが、さまざまな地下をめぐったノンフィクション。ナショナル・アウトドア・ブック・アワードをはじめ、ウェインライト賞、スタンフォード・ドルマン紀行文学賞を受賞し、英ガーディアン紙が選ぶ「21世紀ベスト・ブック100」に選出されました。

ロバート・マクファーレンは1976年、英国ハラム生まれの冒険家・作家。自身が登山や探

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
32

フランス文学最高峰ゴンクール賞受賞作『三人の逞しい女』(マリー・ンディアイ/小野正嗣訳)訳者あとがき



(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三人の逞しい女』マリー・ンディアイ/小野正嗣訳

* * *

今回は、フランス文学最高峰のゴンクール賞を受賞した傑作小説『三人の逞しい女』をご紹介します。父に捨てられた弁護士のノラ、移住先で教師の職を捨てなければならなかったファンタ、夫を失ったカディ・デンバ。三人の女たちの絡み合う生を通した先に見える「逞しさ」とは何か。芥川賞作家である訳

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
13

「底なしにも思える奈落を超高速で走り抜けるジェットコースター」ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』解説公開



(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

前回の記事「読める煉瓦発売中! ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』厚さ対決」にて500円玉やみかんと死闘を繰り広げた『死者の国』。内容の分厚さを存分に語った、ミステリ書評家・三橋曉による解説を公開いたします!

 解説                

                     三橋曉

 昨年の夏、書店に並んだフ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
16

ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏



(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房

境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランスで書かれたにもかかわらず、実は、フランス人もフランスという国も出てきません。それはなぜか? そして、他の国が選ばれたのはどうしてか? 
フランス在住のライター、髙崎順子氏による解説を公開します。

ジェンダーギャップ指数で読み解

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
26

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)



(書影はAmazonにリンクしています)

早川書房より好評発売中の『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き、フランスで100万部突破したベストセラーを、ノンフィクションライターの佐々涼子さんがレビューします。

* * *

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?

佐々涼子

レビューを書く前に、ごくごく個人的な話をすると

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
49

フランスで100万部、女性たちにエールを送る小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ、齋藤可津子訳)訳者あとがき



(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳
早川書房/4月18日発売

* * *

理不尽な人生と闘う3人の女性。遠く離れた彼女たちを支えたのは、髪のきずなだった。
フランスで100万部突破し、全世界で共感と賛同の声があがっている小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)の読みどころを、訳者の齋藤可津子さんに語っていただきます。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
12

ピエール・ルメートル最新刊『炎の色』発売! 『天国でまた会おう』3部作第2弾の壮大な面白さ:訳者あとがき公開

『その女アレックス』のピエール・ルメートルが著した、傑作歴史小説にしてピカレスク・ロマンのゴンクール賞受賞作『天国でまた会おう』。同作の続篇にあたる『炎の色』がいよいよ発売されました。

(書影はAmazonにリンクされています)
『炎の色』ピエール・ルメートル、平岡敦訳
単行本・文庫(上下巻)同時発売!

発売を記念して、平岡敦さんによる訳者あとがきを特別公開いたします!

***

 本書は2

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
17