海外文芸

119

【重版決定】『ザリガニの鳴くところ』しらこさんによる美しい装画の原画を公開【好評発売中】

全米500万部突破、日本でも早川書房より発売中の小説、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』。重版も決定し、多くの方々のご注目を頂いています。
物語の面白さはもちろんのこと、じつは本作、装画や装幀も、「とにかく世界観に合っていて美しい!」とご好評いただいております。装画には、物語の舞台である、ノースカロライナ州の豊かな湿地が描かれています。
湿地を描いてくださったのが、しらこさん。書籍装画

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
19

【大好評発売中】この少女を、生きてください──『ザリガニの鳴くところ』試し読み公開【全米500万部突破】

原書売り上げが500万部を突破し、《ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー》リストでの快進撃も続いている、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』。過酷な境遇を生き抜く少女の成長と村で起こる不審死事件を豊かな自然描写で包み込んだ傑作である本書の魅力をお伝えするため、冒頭部分試し読みを公開いたします。翻訳は友廣純さんです。

◎河出真美さん(梅田 蔦屋書店)によるレビュー
◎北上次郎さん(書評家

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
29

きっと、あなたのための本──『ザリガニの鳴くところ』レビュー(梅田 蔦屋書店・河出真美)

原書が500万部を突破し、2019年アメリカで最も売れた本となった、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』。いよいよ、本日発売です。
「気になるけど、どんな本かな?」と思っている読者のみなさまのために、梅田 蔦屋書店の洋書コンシェルジュ、河出真美さんによるレビューをお届けいたします。

◎北上次郎さん(書評家)による「勝手に文庫解説」先行掲載
◎友廣純さん(翻訳家)による訳者あとがき
◎本

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
19