海外文芸

114

たったひとりの味方だったおばあちゃんは、亡くなる前に、7歳のエルサにある任務を与えた……。心温まる長篇『おばあちゃんのごめんねリスト』

映画版も大ヒットした『幸せなひとりぼっち』でデビュー。母国スウェーデンのみならず世界中にファンを持つ作家、フレドリック・バックマン。

このたび長篇第2作『おばあちゃんのごめんねリスト』が発売となりました。ここに特別に第1章を公開します!

フレドリック・バックマン、坂本あおい訳、早川書房(カバーイラスト:くのまり)

※書影をクリックするとAmazonページにジャンプ

1 タバコ

 7歳の子

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
9